スポンサーリンク

Affinity Photo:読み込んだ画像の色味が原画像と違う

この記事は約3分で読めます。

Affinity Photo カラーマネジメント カラープロファイル ICCプロファイル

こんにちは、さち です。

Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo

先日、その Affinity Photo で画像ファイルを読み込んだ時に
微妙に原画像と色味が違うことに気づきました。

同じ色味になるように設定を変更してみます。

スポンサーリンク

キャンバスの色味が原画像と違う

  1. サンプルとして用意した画像がこちら。
    Affinity Photo カラーマネジメント カラープロファイル ICCプロファイル
  2. 画像を Affinity Photo で読み込むと微妙に色味が違います。
    Affinity Photo カラーマネジメント カラープロファイル ICCプロファイル
  3. 並べて比較してみました。
    黒い線のところを境目に、左右で色味が違うのが分かるでしょうか?
    Affinity Photo カラーマネジメント カラープロファイル ICCプロファイル
  4. 別途スポイトアプリを使って、それぞれのカラーコードを抽出してみました。
    目の錯覚ではなく、実際に色が変化しています。
    Affinity Photo カラーマネジメント カラープロファイル ICCプロファイル

これは、Affinity Photo の不具合ではありません。
原因は、Photoshop Elements のときにも経験した
カラープロファイル(カラーマネジメント,ICCプロファイル)です。

Affinity Photo を原画像と同じ色味にする

  1. Affinity Photo で画像を開いている状態です。
    Affinity Photo カラーマネジメント カラープロファイル ICCプロファイル
  2. メニューの「ドキュメント」→「ICCプロファイルを割り当て」と進みます。
    Affinity Photo カラーマネジメント カラープロファイル ICCプロファイル
  3. プロファイルを選択して「割り当て」をクリックすると、色味が変わります。
    原画像と同じ色味になるプロファイルを選びましょう。
    使っているディスプレイのものがある場合はそれを選べば良いと思います。
    (私は DELL の U2717D をディスプレイとして使っている)
    Affinity Photo カラーマネジメント カラープロファイル ICCプロファイル
  4. Affinity Photo の色味が、原画像のものと同じになりました。
    Affinity Photo カラーマネジメント カラープロファイル ICCプロファイル

ただし、この方法では現在のキャンバスの画像しか色味が変わりません。
読み込んだ画像の色味をいつも同じにするには、次項の方法を使って下さい。

自動的に適用するカラープロファイルを指定する

読み込んだ画像の色味をいつも同じにするには
自動的に適用するカラープロファイルを指定しておきます。

  1. Affinity Photo のメニュー「編集」→「環境設定」と進みます。
    (「Ctrl + , 」キーを押してもOK)
    Affinity Photo カラーマネジメント カラープロファイル ICCプロファイル
  2. 「カラープロファイル」をクリック。
    Affinity Photo カラーマネジメント カラープロファイル ICCプロファイル
  3. 「RGBカラープロファイル」のドロップダウンリストを開いて……
    Affinity Photo カラーマネジメント カラープロファイル ICCプロファイル
  4. 原画像と同じ色味になるカラープロファイルを選んで、「閉じる」をクリック。
    Affinity Photo カラーマネジメント カラープロファイル ICCプロファイル

今後、選択したカラープロファイルが自動的に適用されるため
読み込んだ画像の色味は、原画像のものと同じになります。

ただし、カラープロファイルが埋め込まれている画像を読み込んだ場合は
埋め込まれているものが優先的に適用されます。

このような時は、前項の方法で適用するカラープロファイルを変更しましょう。

ちなみに、新規キャンバス(ドキュメント)を作るときも
ここで指定したカラープロファイルが初期設定になります(変更可能)。

書き出す画像にカラープロファイルを埋め込まない

カラープロファイルは画像に埋め込むことができます。

しかし、ウェブ用の画像など埋め込みを必要としない場合は
画像を書き出すときにカラープロファイルを破棄することも可能です。
(破棄したカラープロファイルの分だけファイルサイズも軽くなる)

  1. 「エクスポートの設定」で保存形式(フォーマット)を選び、「その他」をクリック。
    Affinity Photo カラーマネジメント カラープロファイル ICCプロファイル
  2. 「ICCプロファイルを埋め込む」のチェックを外し、「閉じる」をクリック。
    あとは、普通に画像を書き出せばOK。
    Affinity Photo カラーマネジメント カラープロファイル ICCプロファイル

この書き出し設定をよく使う場合は、「プリセット」に登録しておくと便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました