スポンサーリンク

Affinity Photo:編集中のキャンバスの端が「1px」欠ける件

この記事は約2分で読めます。

Affinity Photo ロゴ

こんにちは、さち です。

Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo
ブログ用の画像を作るときも毎回使っていて、非常に活躍しています。

しかし先日、Affinity Photo の表示がおかしいことに気づきました。
キャンバスの端が 1px 欠けているのです。

スポンサーリンク

キャンバスの「下」と「右」が 1px 欠けてしまう

  1. こんな画像を用意してみました。
    サイズは、縦:120px,横:200px。
    少し見にくいですが、端に 1px の青い枠線があります。
    Affinity Photo キャンバス ドキュメント 1px 欠ける 隠れる
  2. この画像を Photoshop Elements で読み込んだものがこちら。
    特に問題ありません。(外周の黒い枠は、キャンバスの境界線)
    Affinity Photo キャンバス ドキュメント 1px 欠ける 隠れる
  3. 一方、Affinity Photo で読み込んだものがこちら。
    「右」と「下」の枠線が見えません
    もちろん、ズームは 100% で等倍表示しています。
    Affinity Photo キャンバス ドキュメント 1px 欠ける 隠れる
  4. スクリーンショットをしてキャンバスのサイズを測ってみると
    縦、横ともに 1px 足りない状態。
    つまり、「下」と「右」の枠線がキャンバスの外にはみ出しているわけです。
    Affinity Photo キャンバス ドキュメント 1px 欠ける 隠れる
  5. レイヤーの境界ボックスを見ると、こちらもキャンバスからはみ出しています。
    (下側の境界ボックスを見ると分かりやすい)
    Affinity Photo キャンバス ドキュメント 1px 欠ける 隠れる
  6. ズームして、200%の拡大表示にしてみました。
    「下」と「右」の外枠が見えましたが、「左」と「上」に比べて細いですね。
    やはり、拡大表示しても 1px 足りず、隠れたままです。
    Affinity Photo キャンバス ドキュメント 1px 欠ける 隠れる
  7. キャンバス(ドキュメント)のサイズを確認すると、「200 × 120px」です。
    キャンバスサイズの設定が原因ではありません。
    Affinity Photo キャンバス ドキュメント 1px 欠ける 隠れる
  8. そのため、書き出し(エクスポート)は 200 × 120px で出力されます。
    Affinity Photo キャンバス ドキュメント 1px 欠ける 隠れる
  9. キャンバス上で隠れていた部分(「下」と「右」の外枠)も
    書き出した画像にはちゃんと出力されています。
    Affinity Photo キャンバス ドキュメント 1px 欠ける 隠れる

画像データ自体が消えてしまうわけではなく
編集中のキャンバスの表示に問題があるだけではありますが
指定サイズでピッタリにしないといけない「アイコン画像」などを作る時には
面倒なことになり、致命的な現象です。

安価で買い切りな上、Photoshop に負けず劣らずの高機能。
せっかく、完成度の高い素晴らしいアプリなのに
こういう基本的な部分で問題があるのは非常にもったいないです。

Affinity Photo の設定に問題があるのかと思い色々といじってみましたが
解決方法が見つからなかったので
Affinity Photo 自体に原因があるのではないかと思います。

解決方法をご存知の方はぜひ教えて下さい。よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました