スポンサーリンク

Thunderbird(60以降):メール一覧の背景色を1行ごとに変える

この記事は約2分で読めます。

Thunderbird60 Stylish 使えない 代替 1行ごと 色変え

こんにちは、さち です。

先日、「Thunderbird」を起動してメールチェックをしていたら
Stylish によるスタイルが反映されていないことに気づきました。

こちらの記事の方法を使って
メール一覧の背景色を1行ごとに変えて見やすくしていたんですが
すべての行が真っ白になってしまっていたのです。

「アドオンマネージャー」を確認してみると
「Stylish」が、最新版の Thunderbird に対応していないことが原因でした。

メールチェックがしにくいので
以前のように、メール一覧の背景色を1行ごとに変えてみます。
(上の画像は分かりやすいように色を強調してあります)

スポンサーリンク

操作手順

  1. エクスプローラーのアドレス欄に
    %APPDATA%\Thunderbird\Profiles」と入力して、「Enter」キーを押します。
    (「C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles」が開く)
    Thunderbird60 Stylish 使えない 代替 1行ごと 色変え
  2. 使用中のプロファイルのフォルダー「XXXXXXXX.default」を開きます。
    Thunderbird60 Stylish 使えない 代替 1行ごと 色変え
  3. 「chrome」フォルダーを開きます。
    (ない場合は、「chrome」フォルダーを新しく作成)
    Thunderbird60 Stylish 使えない 代替 1行ごと 色変え
  4. 「userChrome.css」を「メモ帳」などのテキストエディターで開きます。
    (ない場合は、テキストファイルを新規作成して、それを開く)
    Thunderbird60 Stylish 使えない 代替 1行ごと 色変え
  5. 開いた userChrome.css に、下記の内容を書き加えます。
    「#f5f7fa」の部分がカラーコードで、ここを変えれば好きな背景色にできます。
    色選びは Google の「カラーピッカー」を使うとアプリがいらないので楽です。

    #threadTree treechildren::-moz-tree-row(odd) {
      background-color: #f5f7fa;
    }

     

  6. ファイルの種類を「すべてのファイル」に
    文字コードを「UTF-8」にして、先ほどの「chrome」フォルダーに保存します。
    Thunderbird60 Stylish 使えない 代替 1行ごと 色変え
  7. Thunderbird を起動します(すでに起動している場合は、再起動)。
    メール一覧の背景色が1行ごとに変わっていれば成功です。
    Thunderbird60 Stylish 使えない 代替 1行ごと 色変え

Stylish を使っていたときと同じ状態にできました。満足です。

【参考資料】

→ ツリーのスタイル付け - Mozilla | MDN

コメント

  1. ほ。 より:

    !important がついていると、カーソルの居る行の修飾より上位で色付けされるので、無い方がよいのではないでしょか?

  2. うみの さち より:

    カーソルの件気づいていませんでした。
    修正しました。
    教えて頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました