スポンサーリンク

Firefox:ページのステータスコード(404 Not Found 等)を調べる

この記事は約2分で読めます。

Firefoxステータスコード確認

こんにちは、さち です。

ウェブページを表示する仕組みに
HTTPステータスコード(以下:ステータスコード) というものがあります。

ネットをしていて見かける機会が多いのは
存在しないページにアクセスした時に出る「404 Not Found」でしょうか?

閲覧者はあまり気にすることがない「ステータスコード」ですが
サイト運営者にとっては意外と大きな問題です。

なぜなら、エラー内容に合った正しい「ステータスコード」を送らないと
必要ないページまで Google に登録されてしまったり
ページの内容がエラー表示で上書きされてしまったりするからです。

ということで、Firefox を使って
正しいステータスコードが送られているか調べてみます。

スポンサーリンク

Firefox で「ステータスコード」を調べる

  1. 「開発ツール」を起動して、「ネットワーク」タブを開きます。
    (「Ctrl + Shift + E」キーを押すと一発で開く)
    Firefoxステータスコード確認
  2. ステータスコードを確認したいウェブページにアクセス。
    Firefoxステータスコード確認
  3. 表示フィルターを「すべて」にします。
    Firefoxステータスコード確認
  4. タイムラインをクリックして、時系列順にソートします。
    Firefoxステータスコード確認
  5. ページの HTML ファイルのステータスコードを確認します。
    例の場合「200」なので、正常にページが読み込まれたということです。
    さらに、この行をクリックすると……
    Firefoxステータスコード確認
  6. ステータスコードの詳細が表示されます。
    例では「OK」とあるので、数字の意味を知らなくても、正常な処理であることが分かります。
    Firefoxステータスコード確認

Firefox でステータスコードを確認する方法について書きましたが
Chrome でも、ほぼ同じ手順で確認できます(ただし、英語)。
Firefox HTTPステータスコード 確認

エラーページで送るべき正しい「ステータスコード」

正常に表示されているページは、サーバーが勝手に「200(OK)」を送ってくれるので
ステータスコードを気にする必要はありません。

問題は、エラーページを表示するときです。
サーバーの設定を間違えると
エラーページなのに「200(OK)」が送られてしまうことがあります。

「200(OK)」のページは、Google に登録(インデックス)されてしまうので
コンテンツがエラーページで上書きされてしまう
エラーページ自体がインデックスされてしまう等の実害が起こります。

「.htaccess」等によるステータスコードの設定は正しく行いましょう。

■ 存在しないページ
ステータスコードは「404 Not Found」を送りましょう。
Firefoxステータスコード確認

■ メンテナンス中のページ
ステータスコードは「503 Service Unavailable」を送りましょう。
Firefoxステータスコード確認

以前は、専用サイトを使ってステータスコードを調べました
ウェブブラウザーで直接調べると URL のコピペが不要なので楽ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました