2020年のブログ最終更新は12/23(水)の予定です

超多機能な音楽編集ソフト

この記事は約2分で読めます。

audacity_icon.gifAudacity(作者: Dominic Mazzoni) - フリーソフト(Win & Mac & Linux)

Audacity操作画面

こんにちは、さち です!

今日は、フリーソフトとは思えないくらい多機能な音楽編集ソフトである Audacity を紹介します。

では、さっそく Audacity について詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

PC上の音なら何でも録音可能

PC 上で流れている音楽なら何でも録音可能です。

録音方法はこちらの記事で解説しているので、知りたい方は読んでみて下さい。

Audacity: PC(デスクトップ画面)の音を録音する方法
こんにちは、さち です。 先日、Windows 10 の PC 上(デスクトップ画面)で流れている音を、録音したいことがありました。 フリーの音声編集ソフト「Audacity」で録音することにしたのですが、久しぶりの録音だっ...

無音部分がたくさんできたとしても簡単な編集でいくらでもカットできるので、録音時に焦る必要は全くありません。(WAVEは32bit, 96kHzの録音まで対応)

もちろん、既存の音楽ファイルを読み込んで編集することも可能です。(プロジェクトファイル → オーディオの取り込み または MIDIの取り込み)

2. 色々な編集機能が使えてとっても便利

Audacity にはとてもたくさんの音楽編集機能がついています。

主な音楽編集機能は次のとおり。

  • フェードイン
  • フェードアウト
  • ピッチ変更
  • テンポ変更
  • スピード変更
  • イコライザ
  • エコー
  • フェーザー
  • ワウワウ
  • ノイズ除去
他にも、便利な機能がたくさんあります。

3. 編集した音楽ファイルは色々なフォーマットで保存可能

編集済みの完成したファイルは WAVE, MP3, OGG で保存できます。(MP3で保存するには別途プラグインが必要です。プラグインの入手についてはこちらを参照)

もちろん編集中のファイルは、Audacity 独自フォーマット aupファイル として保存しておくことも可能です。

気に入った人はぜひ使ってみて下さいね!

→ Audacity をダウンロードする
→ Audacity で MP3(LAME) で書き出すための設定方法

最新版はβ版のため不具合が起こるも考えられます。通常は最新版ではなく安定版を使用するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました