スポンサーリンク

MS純正フリーの動画編集ソフト

この記事は約3分で読めます。

WMM_icon.gifWindowsムービーメーカー(作者:Microsoft社) - フリーソフト(Win)

Windwosムービーメーカー操作画面
※ クリックで拡大

こんにちは、さち です!

今回はMicrosoft純正のフリーの動画編集ソフト
Windowsムービーメーカー(以下:WMM)を紹介します。

有料ソフトを先に比較紹介しておいていまさら感がたっぷりですが
やっぱり動画編集といえば外せないソフトなので今回紹介することにしました。

動画編集をはじめてみようと思う人ははじめはお金はかけたくないと思います。
このWMMはWindowsを販売しているMicrosoftが作成しており
かつ無料で使用できます。

しかもWindows XP SP2以降を使っている人は
はじめからパソコンにWMMがインストールされています。

WMMは次の場所にインストールされています。

C:\Program Files\Movie Maker\moviemk.exe

Windows XP SP1の人はSP2以降にアップデートをしましょう。
WMM はSP2の内容に含まれているのでアップデートするだけでWMMが手に入ります。

   → WMM をダウンロードする

スポンサーリンク

1. タイムライン編集も可能

WMMには動画編集の方法として「ストーリーボード編集」と「タイムライン編集」が用意されています。

【ストーリーボード編集】

簡単に動画編集ができるが編集の自由度が低い。

【タイムライン編集】

時間の流れに合わせて動画を配置していく編集方式前者に比べて自由度が高い。

特にストーリーボード編集を使う理由がなければタイムライン編集を利用しておきましょう。

市販されているはソフトもタイムライン編集形式のものが多いので
タイムライン編集に慣れておくとソフトを乗り換える場合もスムーズになります。

2. 簡単な動画編集をするのであればWMMで十分

凝った動画編集をしないのであればWMMであっても十分動画編集とすることができます。

「ビデオトラック(動画)」「オーディオトラック(BGM)」「タイトルトラック(テキスト)」は
それぞれ1本ずつ利用できます。
はじめはこれだけの機能があれば十分に動画編集を楽しめると思います。

このWMMの仕様で物足りなくなってきてから
以前紹介したような市販の動画編集ソフトに乗り換えても問題ないと思います。

3. プラグインを使ってWMMの機能を向上!

WMMはネット上でたくさんのプラグインと呼ばれる機能拡張が無料で配布されています。
これらのものは一般の方が有志で作成したものがほとんどで
使用は自己責任ということになりますが導入することでWMMの使い方が広がります。

■下段の字幕,速度調節を追加する
   → Windowsムービーメーカー まとめ。酔拳の王 だんげの方 様)

■こちらでも多くのプラグインを配布しています(作者様曰く「人柱版」です。使用は自己責任で
   → Windows Movie Maker用プラグインcompletion 様)

Googleなどで
『WMM プラグイン』『Windowsムービーメーカー プラグイン』で検索すると
他にもプラグインが出てくると思います。
興味がある方は試してみて下さい。

気に入った人はぜひ使ってみて下さいね!

【WMMの使い方を解説しているサイト様】

   → WMMチュートリアル一覧WADA-blog 様)
   → Windows ムービー メーカーを使って、ホーム ムービーを作成しよう (Microsoft 社)
   → 動画チュートリアル Windows movie makerの使い方[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] (YouTube 様)

コメント

タイトルとURLをコピーしました