スポンサーリンク

テキストフォームをバックアップ(2)

この記事は約3分で読めます。

GreasemonkeyProtect Textarea(作者:Anthony Lieuallen 様) - Greasemonkeyスクリプト(Win & Mac)
Protect Textarea 操作画面

こんにちは、さち です!

今回はタブの間違って閉じてしまうのを防いでくれたり
テキストフォームを自動でバックアップ してくれるGreasemonkeyスクリプト
Protect Textarea を紹介しようと思います。

前回に Form Recovery を紹介しましたが
今回この Protect Textarea を紹介するのには理由があります。
その理由も合わせて Protect Textarea の特徴を見ていきましょう!

スポンサーリンク

Form Recovery よりも広いカバー率

実は、以前紹介した Form Recovery では
一部のサイトでテキストフォームのバックアップが上手くできないことが発覚しました。

そこで Protect Textarea を試してみたところ
Form Recovery でバックアップが上手くできなかったサイトでも
ほとんどがしっかりとバックアップができました。

バックアップしたデータは再度同じページに訪問すれば
自動的にテキストエリアに入力されるようです。

私の経験では、どうも Form Recovery は
シームレスに書き込みができるテキストフォームを実装しているサイトで
バックアップに失敗することが多い気がします。

タブの閉じ間違いも防止

Protect Textarea は
テキストフォーム(テキストエリア)に変更があるにも関わらず
送信をせずにタブやウィンドウを閉じようとすると
上記の画像のようにメッセージが出ます。

「You have modified a textarea, and have not submitted the form.」は
「テキストエリアを変更していて、まだそれを送信していません。」という感じの意味だと思います。
(英語が苦手なので自信はありません…)

事前に確認をしてくれるので
間違えてタブを閉じてしまい文章が消えてしまうということもかなり減ると思います。

Protect Textarea と Form Recovery を比べてみると
バックアップできるサイトは今回紹介した Protect Textarea の方が多く
プライバシーを守ってくれたり細かい設定ができるのは Form Recovery という気がします。

どちらも一長一短なので
どちらを使用するかは自分の環境に合わせて選ぶのが一番のようです。

気に入った方はぜひ Protect Textarea を使ってみてくださいね!

はじめて NicoWatch Tools を導入する人は
Greasemonkey というアドオンが入っている必要があります。
先に Greasemonkey をダウンロードするようにしてくださいね。
(前バージョンから使っている人はそのままインストールすれば自動でアップデートされます。)

   →Greasemonkey をダウンロードする(まずはこちらから)
   →Protect Textarea をダウンロードする(既にGreasemonkey が入ってる人はこちら)
   (「Comments」のすぐ上にある「Protect Textarea」のリンクからDLできます)

Greasemonkey はFirefox用のアドオンです。
Internet Explorer を利用している人は導入できませんので注意して下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました