スポンサーリンク

矩形選択機能を使おう!

この記事は約2分で読めます。
矩形選択
矩形選択 操作画面
   通常の選択
矩形選択 操作画面

こんにちは、さち です!

今回は、多くのテキストエディタで利用できる便利な機能
矩形(くけい)選択について書いていきます。
短形じゃないですよ。読み間違えないようにしましょうね。

スポンサーリンク

矩形選択って何?

矩形とは角が直角の四辺形のこと。
長方形を想像すると分かりやすいと思います。
つまり、「矩形選択」は
文章上で長方形の選択範囲を作成できる選択方法です。

文章だけの説明では分かりにくいと思うので
実際に使用している状態を見てみましょう。

矩形選択
矩形選択 操作画面
   通常の選択
矩形選択 操作画面

上の2つの画像を見比べて下さい。
画像の矢印のようにドラッグして文章を選択してみましょう。
左の画像が「矩形選択」で選択範囲を作成した場合
右の画像が「通常の選択」で選択範囲を作成した場合です。

「通常の選択」の選択範囲とは違い
「矩形選択」では矩形(長方形)の形をしていますよね。
これが矩形選択の機能であり特徴です。

どういうときに使うの?

上記の画像で言うと
「その1」~「その6」の前に付いた「・」を消したいとき
矩形選択を使えば簡単に消去できます。

たった6個なので、これくらいの数なら
1つずつ手動で消しても大した労力ではないですが
もしこれが 100個,1000個 ならどうでしょう…?

これと似た状況は
プログラミング や ウェブページ制作(HTML, CSS)などで
「インデント」を多用するときに起こります。

例えば、全ての行にあるインデント1つ分を
まとめて消したいとき
矩形選択なら1回の操作で簡単に選択、消去できます。

もし、矩形選択を使わず手動で消去しようとすると
ものすごく時間がかかってしまいますよね…。

矩形選択ってどうやるの?

多くのテキストエディタが矩形選択を実装していますが
残念ながら、実装していないテキストエディタもあります。
例えば、Winodws 付属の「メモ帳」は矩形選択が使えません。

以前、このブログでも紹介した

などは、矩形選択を実装しています。

「メモ帳」の代わりに使うなら
この3つの中では TeraPad がおすすめです。
(他の2つのテキストエディタは専門性が強い)

実際に使うには
メニューの「編集」→「矩形選択」にチェックを入れればOK。
また、「Ctrl+B」もしくは「Ctrl+K」が
矩形選択のショートカットキーであることが多いようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました