スポンサーリンク

SoundEngine FreeでMP3を読み込む!

この記事は約2分で読めます。

SoundEngine Free 操作画面

新たな方法をこちらのページで紹介しています
この記事の内容は ver.4.60 以降では使用できません。
上記リンク先の記事をお読み下さい。

こんにちは、さち です!

今回は以前紹介した SoundEngine Free
MP3を読み込む方法について紹介します。

では、さっそくその方法について見ていきましょう!

スポンサーリンク

「VBMP3.dll」 と 「GOGO.dll」 を入手しよう!

まずは、「VBMP3.dll」 と 「GOGO.dll」 というファイルを手に入れましょう!

この2つのファイルはこちらのサイトからダウンロードすることができます。

   → 音楽ツールCores 様)

ページの下部にある 「SoundEngine_dll.zip」 からダウンロードできます。
操作画面

「VBMP3.dll」 と 「GOGO.dll」 を導入しよう!

  1. ダウンロードした 「SoundEngine_dll.zip」 を解凍します。
    操作画面
  2. SoundEngine Free を起動します。
  3. 「VBMP3.dll」 と 「GOGO.dll」 を SoundEngine Free に ドラッグ&ドロップします。
    操作画面
  4. これで導入は完了です!
    操作画面

MP3の読み込みと保存

MP3を読み込むのは通常のWAVEファイルを読み込むのと同じ手順で読み込むことができます。

MP3で保存するにいは保存時に「ファイルの種類」で「MP3」を選択すればできます。
このとき、下記のようなウィンドウが出ますので
自分にあったファイル形式(ビットレートなど)を選択しましょう。
操作画面

ただし、一つだけ注意しなければいけない点があります。

それはこの方法はMP3ファイルを開くときに
MP3ファイルをWAVEファイルに変換して読み込んでいると言うことです。

つまり、MP3ファイルを SoundEngine Free で開き
再びMP3で保存すると 「MP3 → WAVE → MP3」 という変換を行うことになるため
保存したMP3ファイルは元のMP3ファイルよりも音質が悪くなります

なるべく音質を下げたくない場合には
読み込んだMP3を編集後に保存するときにWAVE形式で保存するようにしましょう。

気に入った方はぜひ使ってみてくださいね!

   → 高機能な音楽編集ソフト SoundEngine Free (このサイト内)

新たな方法をこちらのページで紹介しています
この記事の内容は ver.4.60 以降では使用できません。
上記リンク先の記事をお読み下さい。

コメント

  1. ノブ より:

    ドラッグ・ドロップしても反応しません。

  2. さち より:

    現時点での SoundEngine Free 最新版(ver4.59)で試してみましたが
    ドラッグ&ドロップで特に問題なくファイルがコピーされました。

    ノブさんのPC環境が詳しく分からないので
    何が原因でそうなっているのかはよく分かりませんが
    上手くいかないようであれば
    代わりにSoundEngineの「フォルダ」タブから「設定フォルダ」を開き
    フォルダへ直接dllファイルをコピーすればよいかもしれません。

  3. より:

    落とすとこまではいく、
    が、
    保存形式にMP3が出ない………(苦笑)

  4. さち より:

    もしかすると OS や SoundEngine のバージョンによっては
    何か予期せぬ問題があるのかもしれませんが
    頂いたコメントだけでは何とも言えないところです…。

    WindowsXP+SoundEngine Free ver.4.59 では
    保存形式にMP3が出てきます。

  5. 4432 より:

    上記のノブさんと同じ状態になりました。
    初めに文字化けが起き、コントロールパネルから英語に変える方法で解決したように見えました。
    が、実際にはスプリクトの項目のみ文字化けしたままになっています。

    組み合わせはWindows7+SoundEngine Free ver.4.59 です。

  6. うみのさち より:

    情報ありがとうございます。
    私はWindows7の環境がないので確認ができないのですが
    Windows7だと起こる症状なのかもしれませんね。

  7. より:

    SoundEngine使い続けて4年目です。
    今日新しくヴァージョンアップしたものをダウンロードし、
    今まで通り「VBMP3.dll」 と 「GOGO.dll」を入れたんですが、
    MP3が開きません。
    今までこんなことなかったので、書き込ませてもらいました><
    私のやり方が悪いのか、新ヴァージョンだとできないのか、
    まだ確かめていませんが、何か良い案がお持ちであれば、教えてください。
    よろしくお願いしますm(__)m

  8. うみ より:

    新ver.をDLしたらMP3が開けなくなりました・・・
    他の導入方法があればお願いしますm(_ _)m

  9. take より:

    XP SP3 + SoundEngine 4.60
    「初期設定フォルダにコピーしました」とは出るのですが
    MP3開けないですね。
    公式のダウンロードリンクを460から459に直すと4.59が落とせるので、
    MP3を扱いたい人はダウングレードすると良いと思います。

  10. うみの さち より:

    みなさまよりたくさんの情報を頂きありがとうございます。

    私は現在 XP SP3 + SoundEngine 4.59 の組み合わせで
    使用することができていますので何とも言えないのですが
    takeさんの情報によると過去バージョンのDLもできるようです。

    ここに書きこまれたコメントを参考に色々試してみて下さい。
    コメントは引き続き受け付けておりますので
    代替プラグインやその他解決方法をご存知の方は
    ぜひ教えて下さいませ。よろしくお願いします。

  11. より:

    皆様ご返答ありがとうございました。

    色々試したのですが、Sound EngineだけでMP3を扱うには
    takeさんの言うようにやはりダウングレードしなければならないようです。

    「Rip!AudiCO FREE Ver 4.03」というソフトをDLして、
    一度形式(ex.WAV→MP3)を変えて保存して
    Sound Engineで開くという方法で、私は使っています。

    多少手間取って面倒になりましたが、
    Rip!AudiCO FREEは様々な形式に変換できることができるので、
    1つ持っていても損はないかと思います。

    上記に興味をもたれた方は是非試してみてください。

    また良い方法が見つかりましたら
    書き込みよろしくお願いいたします。

  12. れいむ より:

    LAMEをD&Dして、コマンドライン編集したら普通にいける
    ttp://homepage3.nifty.com/nanahoshi/semp3/semp3.html

  13. 丸々 より:

    4.60にてMP3のデータを開けない状態でしたが、れいむさんの書かれたのと同じように、LAMEをD&Dして、コマンドライン編集したらいけました。今までと音質が変わった気がします。良い意味で。

  14. うみの さち より:

    多くのコメントを頂きありがとうございました。
    みなさんの情報を参考に新しく記事を書かせて頂きました。

    【SoundEngine で MP3, AAC(m4a) を読み込む方法】
    blog-entry-711.html

  15. sajtu より:

    wavファイルをSoundEngine Free501で読み込んで編集しました。
    これをMP3で保存したいです。

    こちらの記事を読み、MP3で保存するために、「VBMP3.dll」 と 「GOGO.dll」 の導入が必要なのだと思い、導入しました。

    >MP3で保存するには保存時に「ファイルの種類」で「MP3」を選択すればできます。

    とあるのですが、「ファイルの種類」では「MP3」が選択肢にありません。
    選択肢は、oggとcsvとすべてのファイルです。

    ご教示頂けると助かります。
    OSはVistaです。

  16. name忘れました より:

    >ver. 5.00 では「コマンドライン」が廃止されました。
    >とりあえず、代替法を考えるまでは
    >他のソフトで MP3, AAC を WAV へ変換して
    >それを SoundEngine Free で読み込むしかなさそうです。

    ↑こちらの記事に辿りつけましたので、他のソフトで MP3に変換しました。
    有難うございました。

  17. 匿名 より:

    他のサイトでは、
    mp3対応にさせるまですごく難しく書かれていて
    半ばあきらめかけていたので、
    このブログに出逢えて本当に良かったです。
    ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました