スポンサーリンク

Googleの画像検索が変わった!

この記事は約2分で読めます。

Googleの画像検索が変わった!
Google 画像検索

こんにちは、さち です!

私は普段 Greasemonkey の apGoogleImageSearch.user.js という
画像を設置しているサイトへGoogleのフレームを経由せずに直接ジャンプできるという
スクリプトを使用させてもらっています。

先日、いつものように画像検索をしていて
画像のサイズ(特大,大,中とか)でフィルタしようしたらそのプルダウンメニューがない…。
おかしいと思ってとりあえず試しに画像をクリックしてみたら。

上の画像のようにGoogleの画像検索の表示が変わっていました。

iPhoneからGoogleで画像検索をしたときの表示にとても似ています。
インターフェイスを統一していくれるというのは使いやすいのでとても素晴らしいこと!

スポンサーリンク

結局の原因は

画像サイズでのフィルタリングのメニューが消えていたのは
このGoogleの仕様変更によって
apGoogleImageSearch.user.js が競合しているのが原因と判明。

元々このスクリプトを使っていたのは
Googleから画像の設置ページにジャンプするとフレームで表示されてしまうので
それを回避するためでした。

でも、今回の仕様変更によりGoogleからジャンプしても
フレーム表示ではなく直接ジャンプできるようになったようです。

フィルタリング機能の強化

Google 画像検索今回の仕様変更によって
画像サイズによるフィルタリングも機能強化されたようです。
「最小サイズ」「サイズを指定」は今までなかったと思います。

また、この他にも種類(顔,写真,クリップアート など)や
色(フルカラー,白黒,色指定)で検索もできるようにもなっていました。

試しに色でのフィルタリングを使って赤い画像を検索してみたのですが
ちゃんと赤っぽい感じの画像がずらりと出てきました。
さらに種類のフィルタリングで顔画像を検索してみたのですが
多少違うものが出てくるけどかなりの精度です。

これは、面白いですね。

話は変わりますが
最近の若いネット利用者は検索エンジンはGoogleを使用している人が増えてきているようです。

その理由は
「すっきりしたデザインが受けている」とか「検索結果の好み」など
色々と言われているようですが実際のところはどうなのかしら?
ちなみに私がGoogleを使っているのはGoogleの検索結果の方が私好みだからです!

日本では検索エンジンのシェアはYahooがトップなようですが
欧米ではGoogleがトップシェアなことが多いようです。
若者のGoogle化によって今後どうなっていくのかちょっと気になります。

語ってみました
スポンサーリンク
よかったらフォローしてね!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

コメント

タイトルとURLをコピーしました