Google でこんなことまで!(2)

この記事は約2分で読めます。

Google Logo (X'mas ver.)

こんにちは!

今回は先日に引き続き
Google検索 の便利な裏ワザ機能第2弾をお送りします。

5. プラス検索

プラス検索プラス検索は通常では検索時間短縮のために無視される特定のキーワード(「http://」「.com」「the」など)も検索したいときに使う機能です。

プラス検索を使うには 「+キーワード」 のように検索したいの単語の前に「+」を付けます。

例えば 「the こんにちは」 で検索すると 「the」 は無視され 「こんにちは」 しか含まないページばかり検索されてしまいますが、この機能を使えば 「+the こんにちは」 で検索すればどちらのキーワードも含んでいるページを表示します。
(画像は「+the こんにちは」で検索した結果です)

6. 被リンク検索

被リンク数被リンク検索はある特定のサイトへのリンクを持っているサイトを検索したいときに使う機能です。

被リンク検索を使うには 「link:URL」 のように 「link:」 と記入した後に検索したいサイトのURLを入力します。

例えば 「link:www.google.co.jp」 で検索すると 「www.google.co.jp」 へリンクを張っているサイトが表示されます。被リンク数が分かるのでブログやホームページを運営している人はSEO対策に役立つ機能ですね。
(画像は「link:www.google.co.jp」で検索した結果です)

7. タイトル検索

タイトル検索タイトル検索はキーワードの検索をタイトルだけに絞りたいときに使う機能です。

タイトル検索を使うには 「allintitle:URL」 のように「allintitle:」の後に検索したいキーワードを入力します。

例えば 「google desktop」 で検索するとタイトルだけでなく本文中にその単語を含んでるページも検索結果に表示されてしまいますが、この機能を使えばタイトル内に 「google desktop」 を含むページしか表示されなくなります。
(画像は「allintitle:google desktop」で検索した結果です)

8. 検索オプション

検索オプションの入口Google には検索オプションというものがあり、そこから細かい検索も行えます。キーワード入力フォームの右側にある「検索オプション」をクリックすることで使えます。

それぞれのフォームに入力するだけで色々な検索ができます。

検索オプションの説明1 「通常の検索」
2 「フレーズ検索」
3 「or 検索」
4 「マイナス検索」

組み合わせて使うこともできます。
下の方にあるリンクページからは 「被リンク検索」 もできます。

是非使いこなしてみてくださいね!!

   →Google でこんなことまで!(1) を読む(このサイト内)
   →Google検索の裏ワザ も読む (このサイト内)

   →Google検索の詳細情報(Google ホームページへ)

コメント

  1. より:

    5~7まで知らんとはorz
    勉強になります。+とかすごく便利そうだし・・・

    ところでfiletypeでの検索は知っていますか?

  2. さち より:

    私も「+検索」は便利だと思います。
    キーワードの重み付けとしても使えますよね。

    filetype検索は知らないです…

タイトルとURLをコピーしました