スポンサーリンク

QuickJava を Firefox 3.6 で使う

この記事は約1分で読めます。

QuickJava を Firefox 3.6 でも使えるようにする方法
Quick Java 操作画面

こんにちは、さち です。

今回は、以前紹介した Quick Java を Firefox 3.6 で使用する方法を紹介します。

QuickJava を愛用しているけど Firefox 3.6 が対応していないので
アップデートしていなかったという人はぜひ試してみて下さい。

それでは、手順を見ていきましょう!

スポンサーリンク

実際の手順

この手順は通常のダウンロード方法では導入できないベータ版の導入となります。
そのため Firefox に何らかの不具合が起こる可能性もあります
ベータ版の導入は自己責任で行って下さい

  1. QuickJava のバージョン履歴 のページへ行きます。
  2. 背景が赤くなっているものがベータ版です。
    「この実験的なアドオンをインストールします。」にチェックを入れ
    「Firefoxへ追加」をクリックしてインストールしましょう。
    操作画面
    ※ クリックで拡大

これで作業は終了です。
QuickJava が Firefox 3.6 でも使えるようになります。

ベータ版をインストールすると
今後のアドオンの更新チェックでも自動的にベータ版をチェックするようになります。

今は一時的にベータ版を使うだけで安定版を使いたいという人は
ベータ版のバージョンが安定版になったら
改めてそちらをインストールし直すようにして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました