音楽の再生停止位置を記憶させる方法

この記事は約3分で読めます。

iPodやiTunesで音楽の再生停止位置を記憶させておく方法
操作画面

こんにちは、さち です。

今回は iPod や iTunes で
音楽の再生停止位置を記憶させておく方法を紹介します。

  • 英会話教材の付属CD
  • ドラマCD
  • 落語,漫談CD

など一般的にオーディオブックと呼ばれるものを
iPod などに取り込んで楽しみたい場合にとても有効です。

では、詳細を見ていきましょう!

スポンサーリンク

再生停止位置を個別に記憶

再生を停止した位置を
1つ1つの音楽ファイルごとに個別で記憶してくれます。

例えば、英会話教材を聞いている途中で一旦再生を止めて
息抜きのために同じiPodの中に入っている音楽を聴いたとします。

気分転換もできたので
勉強を再開しようと英会話教材に戻り再生ボタンを押します。
すると先程停止した位置から続きを再生してくれます。

作成方法

再生停止位置を記憶するには
AACフォーマットで拡張子がm4bの音楽ファイルを作成する必要があります。
以下では手持ちのCDからm4bファイルを作成する方法について書いていきます。

  1. ファイルの拡張子を表示させておきます。
    拡張子切替くんを使うと便利で簡単です。
  2. iTunesを使ってCDをPCへ取り込みます。
    このときAACフォーマットで取り込む必要があります
    mp3ではダメです、気をつけて下さい。
    AACフォーマットの音楽ファイルの拡張子は「m4a」です。
     ファイル
    ※ アイコンはPC環境によって異なるので違っていても気にしないで下さい
  3. 「1」で取り込んだ音楽ファイルが保存されているフォルダに移動します。
    通常、WindowsXPの場合は下記のフォルダのはずです。

    「マイ ドキュメント」→「マイ ミュージック」→「iTunes」→「iTunes Media」→「Music」

    ※ 取り込んだ曲のアーティスト名やアルバム名で振り分けられていることもあります

  4. ファイルの拡張子を「m4b」へ変更します。
    「拡張子を変更すると、ファイルが使えなくなる可能性があります。変更しますか」
    と確認が出ますので「はい」を選択して下さい。
     操作画面

これで作業は終了です。
拡張子を変更したファイルをiTunesに登録しiPodに転送しましょう。

m4b もAACフォーマットの拡張子の一種なので
コンバートなどの必要もなく拡張子を変更するだけでよいので簡単です。

当然ではありますが、拡張子が mp3 のものを m4b へ変更しても効果はありません。
効果がないどころか iPod や iTunes で再生ができなくなったりします。
やらないようにして下さい。

m4bファイルについて

m4bファイルは iTunes や iPod では「オーディオブック」として扱われます。
通常の音楽ファイル(m4a,mp3など)とは別のライブラリに保管されるので注意して下さい。
オーディオブックは単に「ブック」と呼ばれることもあります。
操作画面

m4a の末尾の「a」は「audio(オーディオ)」の頭文字
m4b の末尾の「b」は「book(ブック)」の頭文字をあらわしているようです。
これを知ってると拡張子の覚え分けがしやすいですね。
(ちなみに「m4」の部分は「MPEG-4」をあらわしていると思われます)

興味がある方はぜひ試してみて下さい。

   → iPod関連商品を見てみる(Amazon)

コメント

タイトルとURLをコピーしました