超詳細なコーデックチェッカーソフト

この記事は約2分で読めます。

操作画面MediaInfo(作者:MediaArea.net SARL) - フリーソフト(Win & Mac & Linux)
操作画面

こんにちは、さち です。

今回は、上の画像のように
音楽,動画 のコーデックなどを非常に詳しく調べることができるソフト
MediaInfo を紹介します。

スポンサーリンク

ものすごく詳しく調査

以前、コーデックなどを調査することができる同じ種類のソフトとして
真空波動研 を紹介しました。

真空波動研 もスッキリとした表示で非常に見やすくて使いやすかったのですが
もっと詳しい情報が見たいこともありますよね。

MedeiaInfo は下の画像のように
真空波動研では表示されないようなかなり詳細な情報までも表示してくれます。
表示項目一覧見本
※ クリックで拡大

導入方法

ソフトのダウンロードからツールの初期設定までを紹介していきます。

  1. 公式ページからMediaInfoをダウンロードします。
    ここでは例として「32bit」の「GUI」にある「without installer」をダウンロードしますが
    自分のPC環境や好みに合わせたものをダウンロードするようにして下さい。
    (MacやLinuxの人はこちらからDLできます)
    操作画面
  2. ダウンロードしたファイルを解凍します。
    7z圧縮ファイルはLhazを使うことで解凍できます。
  3. ソフトが解凍されるので MediaInfo を起動します。
    操作画面
  4. 「Preferences」というウィンドウが表示されるので「Language」で「日本語」を選択しましょう。
    すると、MediaInfo の表示が日本語に切り替わります。
    操作画面
  5. 続いて「出力フォーマット」を選びます。
    詳しく情報を表示したい場合には「ツリー」「テキスト」「HTML」のいずれかを選択しましょう。
    今回は例として「ツリー」を選択します(後で変更することもできます)。
    操作画面
  6. MediaInfoを右クリックメニューに登録するか選択します。
    これにチェックを入れると右クリックメニューを表示した状態で「M」を押しても
    ファイル名の変更ができなくなり不便なので私は外してます。
    「送る」に登録することでこの機能の代用をしてます)
    操作画面
  7. 「OK」を押してウィンドウを閉じます。

これで初期設定は完了です。

音楽や動画のファイルをMediaInfoで読みこめば
コーデックなどの細かな情報が表示されます。

動画編集をしている人にはとても役立つソフトだと思います。
ぜひ使ってみて下さい。

   → MediaInfo公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました