2020年のブログ最終更新は12/23(水)の予定です

iPhoneでパケットを節約する方法

この記事は約3分で読めます。

iPhoneでなるべくパケットを節約する方法
Wi-Fi

こんにちは、さち です。

私がiPhoneに機種変更してから1年以上が経ちましたが
普通の3Gの携帯電話からiPhoneに変えてみて感じることがあります。
それはiPhoneは色んな場面でパケット通信を必要とすること。

ということで、
今回はiPhoneでパケットを節約する方法を紹介します。

スポンサーリンク

iPhoneは勝手にパケット通信をする

パケットの送受信量を見てみると
使った記憶がないのにパケットが増えています、おかしい…。

こちらのiPhoneのパケット代が勝手に増える - はじめてのiPhone
で紹介されている「メール」の設定や
アプリの起動については気をつけているのですが
それでも身に覚えのないパケットは増えていきます…。

iPhoneを使っている人のほとんどは
パケットは上限額になってもいいからどこでも自由にネットをつなぎたい
という考え方だと思うので通常は何も問題ないのかもしれません。

でも、iPhoneでのネット接続はほとんどWi-Fi(無線LAN)のみという人は
パケットを使っただけ料金が高くなるので困ります。
しかも身に覚えのないパケットはなおのこと。

色々と調べてみてやっと分かりました。
基本的に原因はアプリの広告でした。

広告はアプリにあらかじめ組み込まれているものを
表示しているのだと思っていたのですが
そうではなく、毎回ネットから受信してくるようです。

操作画面

Touch the numbers という無料アプリが
ルールも簡単で短時間でできて楽しいのでよく遊んでいたのですが
これが原因だったわけですね…。

それにしても
iPhoneアプリでAndroidの広告、しかもauってすごいですね。
(合成ではなく実際に表示されました)

対処方法

これらの対処法は以下のとおりです。

  1. 広告が入るアプリは使用しない
  2. 広告が入るアプリを起動するときはWi-Fi接続する
  3. パケット通信を切る

ここでは「3」の手順について詳しく見ていきます。

iPhoneには3Gとの接続を停止する「機内モード」がありますが
これはいわゆる「オフラインモード」なので
使用すると通話もできなくなってしまい困ってしまいます。

そこで使用するのが「モバイルデータ通信」です。
iOS4から新たに搭載されたスイッチで
これをオフにすると3G回線によるパケット通信はできなくなりますが
通話やSMS(電話番号によるメール)は通常通り使用できます。

「モバイルデータ通信」のスイッチがある場所は以下のとおりです。

「設定」→「一般」→「ネットワーク」→「モバイルデータ通信」

スイッチをオフにすると「SoftBank」の横の「3G」のマークが消えます。

操作画面

恐らくアプリを使っている間はメールのやりとりはしないと思いますし
アプリを使用する際だけ「モバイルデータ通信」をオフにするとよいかもしれませんね。

   → iPhone用の便利グッズ (Amazon)

【関連記事】

   → iPhoneのパケットが勝手に増えるのを防ぐ方法
   → iPhoneでスクリーンキャプチャを撮る方法
   → iPhoneでメールにPNG画像を添付する方法
   → iPhoneでパケットを節約する方法 (この記事)
   → iPhoneでページ内検索をする方法
   → iPhone(ケータイ)に関する他の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました