MassiGraを「画像とFAXビューアー」っぽくする

この記事は約3分で読めます。

MassiGraを「画像とFAXビューアー」っぽくする設定方法
操作画面

先日、簡単,軽い,便利で使いやすい画像ビューアー MassiGra を紹介しましたが
今回は MassiGra の操作性や見た目を
さらに「画像とFAXビューアー」に似せる設定手順を紹介します。

勘の良い方は分かっているかもしれませんが
この記事は私の備忘録でもあります…。
同じことで困っている方がいたらお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

共通手順

以下の項目「1」~「3」での最初の共通手順です。
画像が表示されている部分で「右クリック」→「その他」→「設定」と進みます。
操作画面

1. 100%以上はウィンドウに合わせないようにする

初期設定だと
ウィンドウサイズに合わせて画像が最大5000%まで拡大されます。

ウィンドウの大きさに合わせるのは縮小処理のみでOK。
拡大処理は必要ないので設定を変更していきます。

「表示」タブを選択し、「拡大の 最大倍率」を「100」にします。
これで、画像が100%以上のサイズで表示されることはありません。
操作画面

2. 画像の表示順序を「ループ」にする

初期設定ではフォルダ内最後の画像に到達すると
下のようなダイアログが表示されます。
ダイアログなしで同じフォルダ内をループさせたいので設定を変えます。
操作画面

「移動」タブを選択し
「最後/最初に到達した時」を「フォルダ内ループ」に変更します。
操作画面

3. 背景を白色にする

初期設定では背景は黒のチェック柄になっています。
画像の閲覧に直接関係するものではないですが
見た目をより近くするため設定を変更していきます。

「背景」タブを選択し、「背景をタイル状にする」のチェックを外します。
さらに「背景色1」で「白色」を選択しましょう。
操作画面

「ファイル読み込み」タブを選択し
「透過表示の背景色」を「白色」します。
操作画面

4. キーボード操作の設定

初期設定では「↑」「↓」キーはフォルダの移動に割り当てられています。
「↑」「↓」キーでも「←」「→」キーと同様に画像の切り替えをしたいので
設定を変更していきます。

画像が表示されている部分で「右クリック」→「その他」→「キー設定」と進みます。
操作画面

下へスクロールしていくと
「前のファイル」という項目があるのでそこでダブルクリック。
操作画面

「新しいキー」と書かれた部分の空欄をクリックし「↑」キーを押します。
「登録」をクリックすると確認ダイアログが出るので「はい」をクリック。
すると、「現在のキー」に「↑」キーが追加されます。
操作画面

これと同じ要領で、
「次のファイル」という項目に「↓」キーを追加します。

私は更に次のように設定をしています。
一覧表

5. マウスホイールの設定

初期設定だとマウスホイールは画像の移動に割り当てられています。
「ズームイン」「ズームアウト」の操作ができるよう設定を変更していきます。

画像が表示されている部分で「右クリック」→「その他」→「マウス設定」と進みます。
操作画面

「カスタマイズ」タブ → 「ホイール上回転」 → 「単独での機能」 と進みます。
操作画面

「メニュー項目」→「表示」→「ズームイン」と進みます。
これでホイールの上回転に「ズームイン」が割り振られます。
操作画面

これと同じ要領で、
「ホイール下回転」という項目に「ズームアウト」を割り振ります。

6. ファイルの関連付け

BMP, GIF, JPEG, PNG のファイルをダブルクリックで開いた際に
MassiGra で開かれるようにファイルの関連付けを変更していきます。

ただし、下記の MassiGra を使った手順は「XP」で有効な方法です。
「vista」「7」の場合は Windows での一般的な方法で
ファイルの関連付けを行って下さい。

画像が表示されている部分で「右クリック」→「その他」→「関連付け」と進みます。
操作画面

「全てチェック」をクリックし「OK」をクリックします。
操作画面

MassiGra を使わずに手動で関連付けを行う場合は
必ず、置きたいフォルダへ MassiGra を先に移動させてから行って下さい。
そうしないとファイルの関連付けが上手くいかないことがあります。

【関連記事】

   → 簡単,軽い,便利で使いやすい画像ビューアー「MassiGra」

コメント

  1. 名無し@まとめいと より:

    今頃massigra導入したのですが、非常に役立ちました。
    有難う御座います

タイトルとURLをコピーしました