iPhoneのパケットが知らない間に増えるのを防ぐ方法

この記事は約3分で読めます。

iPhoneが勝手にパケット通信をするのを防ぐ方法
イメージ

こんにちは、さち です。

以前から iPhone で
全てのアプリを終了した状態であるにもかかわらず
パケット通信の利用データ量が勝手に増えるという現象が起き
不思議でしょうがなかったのですが
今回やっと犯人が分かったのでまとめてみようと思います。

 

スポンサーリンク

犯人は「メール」

パケット通信を勝手に増やし続ける犯人
それは「メール」です。

メールアイコン

「プッシュ」や「フェッチ」の設定をしてなかったからでしょ?
と思う方もいるかもしれませんが実はそうではありません。

この通り「プッシュ」はオフ、「フェッチ」は手動にし
メールやその他アプリを一切起動していない状態にしても
メールがこっそりとパケット通信をしているようなのです。
操作画面

一体何を通信しているのかよく分かりませんが
送信済みボックスなどのサーバ同期などをしているのでしょうか?

「メール」は終了しても勝手にまた起動する

アプリの「メール」をしっかりと終了しておけば問題なし!
と思いきや、実はここも一筋縄ではいきません。

ユーザが手動でメールを終了させても
忘れた頃に再びメールが勝手に起動するのです。
しかもユーザに気付きにくい状態で"ひっそり"と…。

ひっそりと起動すると言う説明だけでは
どのような状態なのかよく分からないと思うので
実際のスクリーンショットを見てみましょう。

これは「iInfo」という iPhone のシステムやメモリの状態を確認できる
無料アプリのスクリーンショットです。
「電話」「メール」「iPod」「Safari」の動作状態を確認できるのですが
起動中のアプリ一覧(ホームボタンを素早く2度押すと表示)には
「メール」が表示されていないにもかかわらず実際には起動しています。
操作画面

何度ユーザが手動で終了させようとも
メールは何度でもひっそりと復活しパケット通信をはじめます。

対処方法

「メール」は終了しても何度でもよみがえるので
メールで使用するアカウント自体を一時的に停止してしまいましょう。

  1. 「設定」を表示します。
  2. 「メール/連絡先/カレンダー」をタップします。
    操作画面
  3. 登録しているアカウントをタップ。
    操作画面
  4. 「メール」を「オフ」にしアカウントを停止します。
    アカウントや送受信メールが消えるわけではないのでご安心を。
    ついでなので「メモ」も「オフ」にしておきましょう。
    サーバ上にメモを作成することができなくなりますが
    「メモ」を起動しても同期のためのパケット通信をすることはなくなります。
    操作画面
  5. アカウントの下の表示が「停止中」に変わったことを確認。
    操作画面
  6. アカウントを停止した状態であれば
    「メール」を起動するとこのような画面が表示されます。
    この状態であれば「メール」がパケット通信することはありません。
    操作画面

この対処方法の仕組みとしては
「メール」の接続先となるアカウント自体を無くしてしまえば
パケット通信もしなくなるということですね。

接続先がなくても相変わらず「メール」は勝手に起動しますが
パケット通信をすることはないので大丈夫です。
これで「モバイルデータ通信」をオンにしてMMSを常時受信できるようにしても
謎のパケット通信の発生はなくなるはずです。
私の環境(iPhone3GS+iOS4.2.1)ではそのような結果が出ました。

再び「メール」を使用したいときは
手順「4」の部分で「オン」に戻しアカウントを有効にすればOKです。

iPhoneでの身に覚えのないパケット通信に悩んでいる方は
ぜひ一度試してみて下さい。

iPhoneに関する記事などはこちらからどうぞ

   → iPhoneでなるべくパケットを節約する方法
   → iPhone(ケータイ)に関する他の記事
   → iPhone用の便利グッズ (Amazon)

コメント

タイトルとURLをコピーしました