Excel(エクセル)のデータを区切り文字で分割する

この記事は約2分で読めます。

操作画面

こんにちは、さち です。

先日、とあるCDの曲目リストを作ろうとして
Amazon から曲目一覧をエクセルに取り込んだのですが
すべての曲名の頭に同じ文字列がくっついていました。

このままだと見にくいので削除しようと思ったのですが
曲数が多いと手動で消すのはちょっと面倒…。

そこで今回は、そんな時に便利な小技
区切り文字でセルを分割する方法について書いていきます。

 

スポンサーリンク

操作方法

まずは、エクセル用のデータを用意します。
今回は Amazon からデータを取り込みました。
同じことをしたい人はこちらの記事を参照して下さい。
(曲目一覧のテーブル(表)をエクセルに取り込めばOK)
操作画面

  1. 共通した文字があるので、ここでセルを区切ることにします。
    操作画面
  2. 区切りたいセルを選択します。
    操作画面
  3. メニューの「データ」→「区切り位置」と進みます。
    操作画面
  4. 「カンマやタブなどの区切り文字によって…」を選択し、「次へ」をクリック。
    操作画面
  5. 「その他」にチェックを入れ、「区切り文字」を入力します。
    例では「:(コロン)」を入力しました。
    今回は「:(コロン)」が2文字連続で入力されているので
    「連続した区切り文字は1文字として扱う」にチェックを入れましたが
    必要な場合のみチェックを入れればよいです。
    操作画面
  6. 前半部分は必要ないデータなので
    そのデータをクリックし「削除する」を選択しました。
    分割するだけの場合は何も変更せずに「完了」しましょう。
    操作画面
  7. 区切り文字の前後でセルが分割されました。
    (例では、分割後に前半部分のデータ削除も行いました)
    操作画面

Amazon から引用した曲目リストのデータと
アイアンエクスプローラーというリネームソフトを併用すれば
音楽アルバムをPCに取り込んだ際に
すべてのMP3ファイルを一括で曲名にリネームできるので便利そうですね。

【関連記事】

   → Excel(エクセル)で知ってると便利な小技集(1)
   → Excel(エクセル)で知ってると便利な小技集(2)

コメント

タイトルとURLをコピーしました