スポンサーリンク

日本語入力(IME)の辞書データをバックアップ

この記事は約2分で読めます。

操作画面

こんにちは、さち です。

普段から何気なく使っている
「Microsoft IME(MS-IME)」や
「Google日本語入力(Google IME)」といった
日本語入力ソフト。

一発では変換できない人名、地名、作品名 や
普段からよく使う定型文などを
ユーザ辞書に登録して使っている人が多いですよね。

しかし、当たり前に使い過ぎているがゆえに
万一のためのバックアップ対象としては忘れてしまいがち。
辞書データが消えてしまったことを想像してみてください。
何十、何百 という単語データを
またイチから登録しなおすだなんて気が遠くなりますよね…。

そこで今回は、
Microsoft IME, Google日本語入力 のバックアップの手順について
書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

Microsoft IME(MS-IME) のバックアップ

Windows に標準搭載されている日本語入力ソフト「Microsoft IME」。
Windows を使っている人は特に何もしない限り
自然とこれを使うことになるのでユーザも非常に多いはず。

それでは、さっそくバックアップ手順を見ていきましょう。

  1. 「道具箱のアイコン」→「辞書ツール」と進みます。
    操作画面
  2. 「ツール」→「一覧の出力」と進み
    バックアップファイルを保存します。
    操作画面
  3. バックアップファイルの保存が完了すると
    ダイアログが表示されるので「終了」をクリック。
    操作画面
  4. テキスト形式のバックアップファイルが作成されるので
    これを保管しておきましょう。
    操作画面

辞書を復元する場合は
「ツール」→「テキストファイルからの登録」から
バックアップファイルを読みこめばOK。
操作画面

解説では Microsoft IME 2003 を使用しています。
他のバージョンを使っている場合は
表示、手順が一部異なるかもしれないので注意。

Google日本語入力(Google IME) のバックアップ

最近の有名人、作品名 などを正しく一発変換
さらに予測変換の表示までもができるにも関わらず
フリーで使える Google日本語入力。
好んで使っている人も結構いるのではないでしょうか。

辞書データのバックアップは下記の手順で行えます。

  1. 「スパナのアイコン」→「辞書ツール」と進みます。
    操作画面
  2. バックアップしたい辞書を選択します。
    通常は「ユーザー辞書1」ですね。
    操作画面
  3. 「管理」→「選択した辞書をエクスポート」と進み
    バックアップファイルを保存します。
    操作画面
  4. バックアップファイルの保存が完了すると
    ダイアログが表示されるので「OK」をクリック。
    操作画面
  5. テキスト形式のバックアップファイルが作成されるので
    これを保管しておきましょう。
    操作画面

辞書を復元する場合は
「管理」→「選択した辞書にインポート」(もしくは「新規辞書にインポート」)から
バックアップファイルを読みこめばOK。
操作画面

コメント

タイトルとURLをコピーしました