再設定は結構大変、Thunderbirdのバックアップを取ろう

この記事は約3分で読めます。

操作画面

こんにちは、さち です。

ここ最近、毎週月曜日の更新は
バックアップに関する内容となっております。

今回はメールクライアントソフト「Thunderbird」の
バックアップ方法について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

メールのバックアップ

メールのバックアップというと
メールそのものをバックアップするように聞こえるかもしれません。
しかし、メール自体のバックアップは不要なことがほとんどです。

というのも、最近は多くの方が
Gmail, Yahoo!メール, hotmail 等のウェブメールを使うため
PC上に保存されているメールを削除してしまっても
メール自体はメールサーバに残せるからです。
(Thunderbird 側でそのような設定が必要です)

最近は、用途に応じて
複数のメールのアドレスを使い分ける人も多く
アドレスをメールソフトで一括管理することがほとんどでしょう。

たくさんのメールアドレスの送受信設定
メールのフォルダ振り分け設定などを
またゼロからやり直すというのは時間と手間がかかります。

つまり、重要なのはこれらのバックアップです。

Thunderbird でのバックアップ手順

ここでは普段私が使っているメールソフト
Thunderbird を例に使って解説していきたいと思います。
(Thunderbird は Gmail の送受信設定が簡単で便利)

Thunderbird のバックアップ方法は
基本的に Firefox と同じで
「Profiles」フォルダの内容を丸々コピーするだけで
設定、アドオン などすべてのバックアップが完了します。

ただし、バックアップすべきフォルダがある場所が
Firefox とは微妙に異なるので注意。

  1. Firefox の「Profiles」フォルダを開きます。
    通常は下記のアドレスです。
    隠しファイルを表示する設定にしておいて下さい)

    C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data\Thunderbird\Profiles
    ※Firefoxと異なり「Mozilla」フォルダは経由しません、注意して下さい。

  2. 「ランダムのアルファベット.default」というフォルダがあるので
    このフォルダを開きます。
    操作画面
  3. フォルダ内のファイルをすべてコピー(バックアップ)しましょう。
    操作画面

これで Thunderbird のバックアップは完了です。

Thunderbirdを新しく入れ直したら
上記の手順と同様に「Profiles」フォルダにある
「ランダムのアルファベット.default」フォルダを開き
そこへバックアップしたファイルをすべて上書きコピーしましょう。

=注意=
PC リカバリー後に Thunderbird をインストールすると
「ランダムのアルファベット.default」が自動作成されますが
リカバリー前とはアルファベットが異なる場合があります。

この時、リカバリー後に自動生成されたフォルダを削除して
リカバリー前の「ランダムのアルファベット.default」で置き換える
ということは絶対にしてはいけません!

Thunderbird に異常が起こり起動できなくなってしまいます。
必ずフォルダの中身だけを上書きしましょう。

コメント

  1. はに より:

    サンダーバードの再設定は大変でした。

    管理者様、情報ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました