DTMするなら知っておきたいエフェクトとその音色

この記事は約3分で読めます。

イメージ

こんにちは、さち です。

ディストーション、オーバードライブ、ディレイ、リバーブ、
フランジャー、コーラス、ワウ、トレモロ など
世の中にはたくさんのギターエフェクターがあります。

それぞれのエフェクターの音色を理解していますか?
しっかりと思い浮かべられますか?

DTM を趣味にしている人でも
ギター経験がないという場合は
記憶が曖昧だったりする部分ではないでしょうか。

そこで今回は、
ギターエフェクターの音色と名称を頭の中でリンクさせるための
まとめを作ってみました。

スポンサーリンク

百見は一聞にしかず

ギターエフェクターの音色を
言葉だけで伝えるのはとっても難しい!

エフェクターについての解説を読めば
確かにエフェクターの原理や仕組みは分かります。
でも、肝心な「音色」は分からない。

実物のエフェクターを眺めてみても
やっぱり「音色」は分からない。

音楽の世界では「百聞は一見にしかず」ではなく
「百は一にしかず」なのです。
自分の耳で聞くのが一番分かりやすい。

実際の音色を聴いてみて
それをエフェクターの名称と結びつけていきましょう。

エフェクターの音色を聴いてみよう

イシバシ楽器さんが YouTube に投稿している動画なのですが
エフェクターの効果が非常に分かりやすいので
参考にさせてもらいましょう。
どの動画も数十秒という短いものなので気軽に見られますよ。

ディストーション
音を歪ませます。エレキギターと言えばこの音を想像する人も多いはず。

オーバードライブ
音を緩めに細やかに歪ませます。ディストーションとは仕組みが異なります。

ファズ
音をガッツリ歪ませます。ディストーションよりも強めに荒々しく歪みます。

ちなみに、軽い歪み(強く弾いたときに軽く歪む程度)のことを
「クランチ」と呼ぶこともあります。

また、エフェクターを使わずに
アンプ(ギター用のスピーカだと思って下さい)の調節のみで
音を歪ませることもあります。
アンプシミュレータで代用することもあります。

フランジャー
音に「うねり」を出します。「シュワー」という独特な音になります。

フェイザー(フェーザー,フェーズシフター)
音に「うねり」を出します。フランジャーとは仕組みが異なります。

コーラス
音を重ねることで、音に厚みやツヤを持たせます。

リバーブ
ホールで演奏したときのような残響音を作り出します。

ディレイ
やまびこのような効果を作り出します。

ワウ(オートワウ)
その名のとおり音を「ワウワウ」させます。


※「ワウ」の強さやタイミングを自分で調節できるワウペダル(ペダルワウ)もある

トレモロ
音量を周期的に変化させます。

オクターバー
オクターブ下の音を加えます。オクターブ上の音を加えられるものもあります。

ピッチシフター
音の高さ(ピッチ)を変えます。元の音に付け足すこともできます(=ハーモナイザー)。

たくさんあって覚えられないという人もいるかもしれません。
あまり難しく考えず
こんなのがあるんだなぁという程度に覚えておきましょう。
いつでも何度でも聞き直せますからね。

今回はギターのエフェクターについてまとめましたが
この知識は VSTe を探したいときにも役立つと思います。
求めるエフェクトがどんな名称なのかを知っていれば
目的の VSTe も素早く見つけられるはずですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました