2020年のブログ最終更新は12/23(水)の予定です

エクセルで数字の前に「0」を付け足して桁数を増やす

この記事は約2分で読めます。

イメージ

こんにちは、さち です。

エクセル(EXCEL)で数字を打つ時に
「001」のように「0」を付けて
数字の桁数を増やしたいときってありますよね。

でも、単に「001」と入力するだけでは
数字は自動で「1」に整形されてしまいます。

そこで今回は、エクセルで数字の前に「0」を付け足し
桁数を増やす方法について書いていきます。

スポンサーリンク

操作手順

セルに「="001"」と入力すれば文字列として扱われるので
表示上は「001」になります。

しかし、この方法だと
オートフィル(連番の自動入力)ができないし
後で桁数を増やしたくなった時に修正が面倒。
もっと簡単な方法はないのだろうか…?

こんな時は下記の操作をしましょう。

  1. まずは、桁数を気にせず普通に数字を打ちます。
    この番号を「001」のように3桁で表示してみます。
    操作画面
  2. セル上で「右クリック」→「セルの書式設定」と進みます。
    操作画面
  3. 「ユーザー定義」を選択し
    「種類」に桁数分だけ「0」を入力して「OK」をクリック。
    今回は3桁なので「000」と入力しました。
    操作画面
  4. 数字が3桁になりました。
    操作画面

もちろん、セルを複数選択して一括変更することも可能。
また、「形式を選択して貼り付け」から「書式」を選択すれば
書式設定(桁数の整形)のみをセルに反映できます。

また、後で数字を変更しても桁数は自動で整形されます。
例えば、「001」のセル内容を「11」に変更した場合
自動で「011」と整形されます。

桁数を整形した数字は「数値」として扱われるので
計算(数式)の参照セルとして使うことができます。

ちなみに、3桁で表示するように設定しても
数字が4桁のときは、表示も4桁になります。
操作画面

こんな使い方も

桁数を指定しながら数字を整形することもできます。

  1. 入力した郵便番号にハイフンを付けてみます。
    操作画面
  2. 「000-0000」と入力します。
    操作画面
  3. 郵便番号にハイフンが付きました。
    操作画面

郵便番号ではハイフンを使いましたが
もちろんハイフン以外の入力もできます。

  1. 例えば、こちらはベタ打ちしてある電話番号。
    操作画面
  2. 「(00)0000-0000」と入力。
    操作画面
  3. こんな感じになります。
    操作画面

これらの方法は表示形式を変えているだけ。
セルの内容は一切変更していないので再編集も簡単です。

ちょっとしたことですが知ってるととっても便利!
様々な場面で活用できるのでぜひ覚えておいて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました