スポンサーリンク

光をあやつるPhotoshop用フィルタプラグイン3個

この記事は約3分で読めます。

イメージ

こんにちは、さち です。

今回は、
光をあやつる Photoshop 用フィルタプラグイン3個について
書いていきたいと思います。

紹介するプラグインはすべて無料ですので
気に入ったものがありましたら導入してみてください。

スポンサーリンク

カメラのぼかしを再現するフィルタ「BokeBlur」

操作画面

カメラでピントをずらして撮ったように画像を加工するフィルタ。
Photoshop にもガウスぼかし等のぼかしフィルタがありますが
「BokeBlur」では光が目立つようにぼけるのが特徴。

  1. 原画像はこのような夕日の画像。
    操作画面
  2. 「フィルタ」→「ReddogPlug」→「BokeBlur」
    操作画面
  3. パラメータを設定します。
    「頂点数」を変更すると円以外(六角形など)の形で
    光を拡散させることも可能。(クリックで画像拡大)
    操作画面
  4. こんな感じになりました。
    操作画面

上記の例では写真画像にフィルタをかけましたが
イラスト背景の加工などにも役立つフィルタです。

フィルタ(プラグイン)のダウンロードはこちらから。

   → 「BokeBlur」のダウンロードページへ(mynote 様)

光を線状に拡散するフィルタ「Cross」

操作画面

光を線状に拡散するフィルタ。
カメラにクロスフィルターを装着して撮影したような画像に
加工することができます。

  1. 原画像はこのような夜景の画像。
    操作画面
  2. 「フィルタ」→「ReddogPlug」→「Cross」
    操作画面
  3. パラメータを設定します。
    「線種」を変更すると十字以外(六方向など)の形で
    光を拡散させることも可能。(クリックで画像拡大)
    操作画面
  4. こんな感じになりました。
    操作画面

上記の例では写真画像にフィルタをかけましたが
イラスト背景の加工などにも役立つフィルタです。

フィルタ(プラグイン)のダウンロードはこちらから。

   → 「Cross」のダウンロードページへ(mynote 様)

ビックリマンシールのような背景を作るフィルタ「Prismatic」

操作画面

ビックリマンシールのような
プリズム(ホログラム)の背景を作成するフィルタ。

  1. レイヤーを塗りつぶします。
    塗りつぶした範囲がプリズムになります。
    塗りつぶす色は何色でもよいです。
    (例では範囲が見やすいよう白色は避けました)
    操作画面
  2. 「フィルタ」→「ReddogPlug」→「Prismatic」
    操作画面
  3. パラメータを設定します。
    ハイライトの「量」を大きくすると光の反射が増します。
    操作画面
  4. こんな感じになりました。
    操作画面

サイズや選ぶ色で雰囲気が大きく変わります。
色々な設定を試してみましょう。

フィルタ(プラグイン)のダウンロードはこちらから。

   → 「Prismatic」のダウンロードページへ(mynote 様)

プラグインが動かない場合

上記の3つのフィルタプラグインが動かないのは
「MSVCR71.DLL」ファイルがないためだと思われます。
こちらのページからダウンロードしましょう。

ダウンロードした「MSVCR71.DLL」を
Photoshop Elements 本体があるフォルダへ移動すれば
フィルタプラグインが使えるようになります。
通常、Photoshop Elements 本体は下記の場所にあるはず。

C:\Program Files\Adobe\Photoshop Elements XX(バージョン数)

光を拡散するフィルタは何かと使えると思うので
写真加工をする人、イラストを描く人は
ぜひ導入してみてはいかがでしょう。

【関連記事】

   → Photoshop Elements 講座・入門編 目次

コメント

タイトルとURLをコピーしました