軽量ビューアー「MassiGra」で閲覧中の画像を他ソフトで開く

この記事は約2分で読めます。

操作画面

こんにちは、さち です。

今回は超軽量ビューアー「MassiGra」で閲覧中の画像を
Photoshop などの他ソフトへ送り開く方法について
まとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

画像の送り先のソフトを設定

  1. 右クリックをして「ファイル」→「他のアプリで開く」→「他のアプリの設定」。
    操作画面
  2. こんな感じのウィンドウが開きます。
    操作画面
  3. 画像の送り先のソフトをドラッグ&ドロップする。
    当たり前ではありますが、ショートカットではなく
    プログラム本体(拡張子:exe)をドラッグ&ドロップしましょう。
    (Photoshop Elements の場合は「Editor」をドラッグ&ドロップ)
    操作画面
  4. ソフトが登録されました。
    必要な場合は「メニュー項目名」など各項目を変更しましょう。
    ソフトを複数登録する場合は「リスト」を切り換えましょう。
    登録が完了したら「OK」をクリック。
    操作画面
  5. 登録したソフトは
    右クリックの「他のアプリで開く」に表示されます。
    例では、Photoshop Elements と SAI を登録してみました。
    操作画面

これで MassiGra で開いている画像を
他のソフトに送って開くことができるようになります。

画像を他のソフトに送って開く

  1. MassiGra で画像を閲覧中。
    操作画面
  2. 右クリックから「ファイル」→「他のアプリで開く」と進み
    閲覧中の画像を開きたいソフトを選択します。
    この操作は、ソフト名の横に書かれた
    ショートカットキー「Ctrl + 数字」を使うと便利です。
    操作画面
  3. 閲覧していた画像が Photoshop Elements で開かれました。
    操作画面

MassiGra は長年愛用していますが
使えば使うほど、非常に軽く見た目はシンプルなのに
高機能でとても便利なビューアーだなと実感します。

MassiGra についての記事は複数書いているので
興味がある方はぜひ使ってみて下さい。
イラストを描く人に便利で使いやすいソフトだと思います。

【関連記事】

   → 簡単,軽い,便利で使いやすい画像ビューアー「MassiGra」
   → MassiGra を「画像とFAXビューアー」っぽくする設定方法
   → MassiGra でPSDファイルを開く方法
   → Photoshop を使わずに MassiGra で PSD を JPEG, PNG へ変換

コメント

タイトルとURLをコピーしました