スポンサーリンク

超軽いMP3プレイヤー

この記事は約2分で読めます。

1by11by1(作者:Martin Pesch様) - フリーウェア(Win)

1by1

こんにちは、さち です。

今日紹介するのは超軽いMP3プレイヤー 「1by1」 です。

スポンサーリンク

メモリの消費が少ない!

iTunes を使っている人も多いかと思いますが
iTunes はメモリの消費も多く
重いソフトを起動しながらの使用は避けたい…。

1by1 なら iTunes に比べメモリの使用量がかなり少ないので
PC に負荷をかけず音楽を再生できます。

1by1とiTunesのPC負荷を比較

1by1 と iTunes を大まかに比較してみました。

  1by1 iTunes 比較
消費メモリ
(アイドル時)
6,488KB 59,756KB 約89%減
消費メモリ
(再生時)
8,056KB 62,396KB 約87%減
CPU負荷
(再生時)
1~2% 2~3% 約50~33%減
起動時間 0.5秒 4.6秒 約89%減

1by1 の値は iTunes に対して 約10分の1 という結果。
CPUへの負荷 はあまり差がありませんでした。

ただ、必ずしも 1by1 が優れているわけではありません。
1by1 は音楽ファイルの表示にファイル名がそのまま使われるので
音楽ファイルの管理がしづらいのです。
やはり、音楽ファイルの管理は iTunes の方がラクです。

1by1 でできるソート(並び替え)は
ファイル名,ファイルサイズ,更新日時or作成日時 です。
ファイル名をしっかり管理しておけば
曲名順,アーティスト順 のソートとして使えそうです。

1by1 と iTunes の決定的な違いは
1by1 では AAC(拡張子.m4a) が再生できないことです。
iTunes で AAC で音楽を取り込んでいた人には悲しいお話です。

【追記】プラグイン追加で聴けるようになります。詳しくはこちらへ。

今回使っていて個人的に思ったのは
通常音楽を聴くときには iTunes を使って
重いソフトを使いながら音楽を聴くときには 1by1 を使う
という使い分けをするのが一番いいのかなと思いました。

使ってみよう!と思った人はこちらからどうぞ!

   → 1by1 をダウンロードする(「DOWNLOAD STARTEN」をクリック)
   → 1by1 を日本語化(日本語パッチ)その1
   → 1by1 を日本語化(日本語パッチ)その2
   ※日本語パッチは1by1のバージョンをよく確認して導入しましょう

【関連記事】

   → AAC(拡張子.m4a) を 1by1 できけるようにしよう
   → 1by1で音量調節をシステム音量から分離しよう
   → 1by1 でギャップレス再生をしよう!
   → 超軽量プレイヤー1by1で様々な拡張子の音楽を聴く

コメント

タイトルとURLをコピーしました