スポンサーリンク

twitterで「リツイート」「お気に入り」の誤爆防止【現行版】

この記事は約3分で読めます。

操作画面

こんにちは、さち です。

以前の記事で、
twitterで「リツイート」「お気に入りに登録」の誤爆を防ぐ方法
について書いたのですが現在は使えなくなってしまいました。

そこで今回は、現行のツイッターで使える
「リツイート」「お気に入りに登録」の誤爆防止方法について
まとめ直していきたいと思います。

スポンサーリンク

方法 その1 - Adblock Plus を使う

Adblock Plus(Firefox版Google Chrome版)を使い
「お気に入り」「リツイート」を非表示にして誤爆を防止します。

  1. 「Ctrl + Shift + A」でアドオンマネージャを開きます。
  2. Adblock Plus の「設定」をクリック。
    操作画面
  3. 「フィルタ設定」をクリック。
    操作画面
  4. 「自作フィルタ」タブを選択して「要素非表示ルール」をクリック。
    操作画面
  5. ウィンドウ右上の「フィルタを追加」をクリック。
    操作画面
  6. 非表示にするボタンを記述、指定します。
    お気に入りに登録なら
    twitter.com##LI[class="action-fav-container js-toggle-state js-toggle-fav"]
    リツイートなら
    twitter.com##LI[class="action-rt-container js-toggle-state js-toggle-rt"]
    と入力してEnterキーを押します。
    どちらも非表示にしたい場合はそれぞれフィルタを追加しましょう。
    操作画面
  7. Adblock Plus を閉じます。
  8. 「リツイート」「お気に入りに登録」が非表示になりました。
    反映されない場合はページを再読込みしましょう。
    操作画面

方法 その2 - Stylish を使う

Stylish(Firefox用アドオン) を使って
「お気に入り」「リツイート」を非表示にして誤爆を防止します。
(Stylish の詳細についてはこちらの記事を参照)

  1. twitter の公式ページを開いた状態で
    アドオンバーの「アイコン」→「新しいスタイルを書く」→「twitter.com専用」
    と進みます。
    操作画面

  2. 「名前」は何でもよいです。
    「twitter.com」と書かれた後の { } の中に次のように記述。
    「fav」が付いた行が「お気に入りに登録」非表示用
    「rt」が付いた行が「リツイート」非表示用の記述です。
    操作画面

    コピペ用
    li.action-fav-container.js-toggle-state.js-toggle-fav,
    li.action-rt-container.js-toggle-state.js-toggle-rt {
        display: none !important;
    }

  3. 「保存」をクリックして Stylish を閉じます。
    操作画面
  4. 「リツイート」「お気に入りに登録」が非表示になりました。
    反映されない場合はページを再読込みしましょう。
    操作画面

以上、Adblock Plus と Stylish を使った
2つの方法を紹介しました。
どちらか一方を行なうだけで非表示にできるので
自分の環境に合った方を使って下さい。

もちろん、紹介した方法を使用しても
クライアントソフトからは通常どおり
「リツイート」「お気に入り登録」ができます。
ツイッター公式での誤爆を無くして快適なツイッターライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました