スポンサーリンク

ツイッター:TLのプロモーション(広告)を非表示に

この記事は約3分で読めます。

操作画面

現在は、こちらの方法 を利用して下さい。
(インストール,アップデートが簡単です)

こんにちは、さち です。

過去の記事
で、ツイッターの「プロモーション(広告)」を
非表示にする方法について書きました。
その記事では、Adblock Plus を使う方法を紹介したのですが
現在の Google Chrome では動作しません。

そこで今回は、「Stylish」を使う方法を紹介します。
この方法なら Google Chrome でも有効ですよ。

スポンサーリンク

TLに流れてくるプローモーション

操作画面

「プロモーション」が何なのかを確認しておきましょう。

ツイッターのタイムラインに流れてくる「プロモーション」。
単純に言えば「広告」です。

フォローしていない企業のものも流れてきますし
通常のツイートとも区別が付きにくく紛らわしい!

「非表示にする」をクリックしても
非表示になるのはクリックしたそのプロモーションのみで
しばらくすると別のプロモーションが流れてきます。

しかし、拡張機能「Stylish」を使えば
プロモーションを完全非表示にできますよ。

Firefox での方法

現在は、こちらの方法 を利用して下さい。
(インストール,アップデートが簡単です)

「スタイルの作成」→「コピペ」で作業完了です。
Firefox に Stylish を導入してから下記手順を行って下さい。

  1. 下記の内容をすべてコピー(「Ctrl + A」ですべて選択)。
  2. Stylish で新しく白紙のスタイルを作成します。
    操作画面
  3. 適当に「名前」を付けます。
    テキストエリアに先程のコピー内容を貼り付け、「保存」をクリック。
    操作画面
  4. プロモーションが表示されなくなりました。
    操作画面

Google Chrome での方法

現在は、こちらの方法 を利用して下さい。
(インストール,アップデートが簡単です)

「スタイルの作成」→「コピペ」→「サイト指定」で作業完了です。
Google Chrome に Stylish を導入してから下記手順を行って下さい。

  1. 下記の内容をすべてコピー(「Ctrl + A」ですべて選択)。
  2. Stylish の「オプション」をクリック。
    操作画面
  3. 「新しいスタイルを作成」をクリック。
    操作画面
  4. 適当に「名前」を付けます。
    操作画面
  5. 「コード」に先程のコピー内容を貼り付けます。
    操作画面
  6. 「個別指定」をクリック。
    操作画面
  7. 「ドメイン上のURL」を選択し、「twitter.com」と入力。
    操作画面
  8. 「保存」をクリック。
    操作画面
  9. プロモーションが表示されなくなりました。
    操作画面

ブラウザ側でプロモーションを強制非表示にしているので
ツイッター側の仕様が変わると効果がなくなる可能性もあります。
不具合がある場合はご報告下さいませ。

現在は、こちらの方法 を利用して下さい。
(インストール,アップデートが簡単です)

コメント

タイトルとURLをコピーしました