スポンサーリンク

Janetter の設定(環境)をバックアップする方法

この記事は約2分で読めます。

イメージ

こんにちは、さち です。

今回は、ツイッタークライアント「Janetter」(PC版) の
設定(環境)をバックアップする方法について書いています。

覚えておくと、PC をリカバリーするときや
別の PC に設定をコピーしたいときに便利ですよ。

スポンサーリンク

バックアップの手順

  1. エクスプローラのアドレスに「%APPDATA%\Jane」と入力、「Enter」キーを押します。
    「C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Jane」が開かれるはずです。
    操作画面
  2. 「Janetter2」フォルダがあるので
    丸ごとコピーすればバックアップ完了。
    操作画面

このように、Janetter の設定のバックアップは非常に簡単。

ただ、困ったことが一つ…。
「Janetter2」フォルダはログのデータも保存されているため
ファイルサイズが非常に大きいことがあります
私の場合、200MB以上もありました。

Janetter のバックアップに 200MB はさすがに大きすぎる!

バックアップのサイズを激軽にする

200MBもバックアップするのはお断りしたいので
後で取得し直せば済むログは削除してしまいましょう。

  1. 「Janetter2」フォルダを開きます。
    操作画面
  2. 「Log」フォルダは名前のとおりログデータの保存場所。
    バックアップは不要なので削除しましょう。
    操作画面
  3. 続いて、「sqlite」フォルダを開きます。
    操作画面
  4. 5つのフォルダ「listtweet」「mention」「message」「search」「tweet」は
    ツイートのログデータの保存場所です。
    バックアップは不要なのでこれらも削除しましょう。
    操作画面
  5. 「Janetter2」フォルダが1MBまで小さくなりました。
    このサイズならバックアップもすぐ終わります。
    操作画面

ちなみに、「readmng」フォルダは各タイムラインの既読ツイートの管理
「draft.txt」ファイルは下書きツイートの保存データのようなので
こちらも不要な場合は削除して大丈夫かもしれません(削除は自己責任で)。

復元の手順

新しい環境には、通常の手順で Janetter をインストールします。

設定を復元する時は、Janetter を終了した状態で
「Janetter2」フォルダをバックアップしたもので置き換えればOK。
操作画面

復元後の初回起動時にタイムラインの表示がおかしい時は
「歯車アイコン」→「再読み込み」で直ります。

【関連記事】

   → Janetter:ツイッター連携を一時解除したら再連携できなくなった
   → Janetter:「お気に入り」を誤爆しないようにアイコンを消す

コメント

  1. 匿名 より:

    >設定を復元する時は、Janetter を終了した状態で
    「Janetter2」をバックアップしたもので上書きするだけでOK。

    PCに疎くて申し訳ないのですが、ここの手順を具体的に教えていただくことはできないでしょうか?

  2. うみの さち より:

    「C:Usersユーザ名AppDataRoamingJane」にある「Janetter2」フォルダを削除して
    その場所に、バックアップした「Janetter2」フォルダをコピーします。
    この手順は Janetter を終了した状態で行ってください。

タイトルとURLをコピーしました