2020年のブログ最終更新は12/23(水)の予定です

エクセル: 文字列を「0」と見なして計算する方法

この記事は約2分で読めます。

エクセル: 文字列を「0」と見なして計算させる方法

こんにちは、さち です。

今回は、エクセル(Excel)で、文字列を「0」と見なして計算する方法について書いています。

スポンサーリンク

文字列を計算するとエラーになる

  1. テスト5科目の合計点が表になっています。
    エクセル: 文字列を「0」と見なして計算させる方法
  2. 1科目あたりの「平均点」を求めましょう。「合計点」を「5」で割ればいいので、式は下記のようになります。
    エクセル: 文字列を「0」と見なして計算させる方法
  3. しかし、一番下はエラー「#VALUE!」が出てしまいました。原因は、「合計点」が文字列「欠席」になっているからです。数値ではないので計算ができないわけです。
    エクセル: 文字列を「0」と見なして計算させる方法

文字列を「0」と見なす

操作手順

「文字列」を「0」と見なすようにして、エラーが出ないようにします。

  1. 「欠席」を「0」と見なして、エラー「#VALUE!」が出ないようにしてみます。
    エクセル: 文字列を「0」と見なして計算させる方法
  2. 画面左上にある「ファイル」をクリック。
    エクセル メニュー ファイル
  3. 左側にある「オプション」をクリック。
    エクセル オプション
  4. 左側にある「詳細設定」をクリック。
    エクセル オプション 詳細設定
  5. 一番下までスクロール。「Lotus との互換性の設定の適用先」を選びます(今回は「Sheet1」)。「計算方式を変更する」にチェックを入れたら、「OK」をクリックしてウィンドウを閉じます。
    エクセル: 文字列を「0」と見なして計算させる方法
  6. エラーが消えて、「0」になりました。文字列が「0」と見なされていますね。
    エクセル: 文字列を「0」と見なして計算させる方法

複数のシートをまとめて設定

例では、1つのワークシート(以下:シート)にのみ適用しましたが、複数のシートをまとめて設定することも可能です。

Ctrl キーを押しながら適用するシートをクリックして選んで(または、Shift キーを押しながら最初と最後のシートを選んで)から、前項と同じ手順を行います。

エクセル: 文字列を「0」と見なして計算させる方法

「Lotus との互換性の設定の適用先」が「選択された複数のワークシート」になっていればOKです。

エクセル: 文字列を「0」と見なして計算させる方法

この設定で他に何が変わる?

この設定は、もともと Lotus 1-2-3 という表計算ソフトの計算方式を再現するものです。

そのため、文字列を「0」と見なす以外にも、エクセルの挙動が下記のように変わります。注意して下さい。

  • FALSE を「0」,TRUE を「1」と表示
  • 「&」で複数セルの内容を連結できなくなる
  • データベース関数での検索が「完全一致」になる
  • VLOOKUP関数 などの検索が「完全一致」になる

関連記事

エクセル(Excel)で知ってると便利なこと 目次
こんにちは、さち です。 これまでエクセルに関する記事を書いてきたのですが いつの間にか結構記事の数が多くなっていました。 そこで今回はそれぞれの記事にアクセスしやすいよう 目次を作成してみました。 今後新たにエク...

コメント

  1. お~まち より:

    なかなか面白い方法ですね。でも弊害が大きいのでこの方法はとりにくいです。
    私ならISNUMBER関数をかませます。
    =IF(ISNUMBER(B5), B5/5, 0)

タイトルとURLをコピーしました