スポンサーリンク

エクセル:関数や式をテキストとして表示する方法

この記事は約2分で読めます。

エクセル:関数や式をテキストとして表示する方法

こんにちは、さち です。

今回は、エクセル(Excel)で、「関数」や「式」をテキストとして表示する方法について書いていきます。

スポンサーリンク

普通に書くとダメ

  1. 「B2」セルのように、式を普通のテキストとして表示してみます。
    エクセル:関数や式をテキストとして表示する方法
  2. 「B2」セルに普通に書くと……
    エクセル:関数や式をテキストとして表示する方法
  3. もちろん、式(関数)として処理されてしまいます。
    エクセル:関数や式をテキストとして表示する方法

解決方法

式(関数)をテキストとして表示する方法は複数あるので、状況や好みに合わせて使いやすいものを選んで下さい。

方法1 - 「シングルクォート」を使う

  1. 式の先頭に '(シングルクォート)を付けます。
    エクセル:関数や式をテキストとして表示する方法
  2. テキストとして表示されました。
    エクセル:関数や式をテキストとして表示する方法

先頭に付けた ' はセルの表示には出ないので大丈夫です。

一番簡単な方法なので、何か理由がない限りこれを使っておけばOK。

方法2 - 「ダブルクォート」を使う

  1. 式の先頭に = を付けて、さらに入力内容を "(ダブルクォート) で囲みます。ただし、式の中で " を使っている場合は、それを ""(ダブルクォート×2) に置き換えます
    エクセル:関数や式をテキストとして表示する方法
  2. テキストとして表示されました。
    エクセル:関数や式をテキストとして表示する方法

式の中にある """ にするのは、" を文字として表示させるためです。詳細については、こちらの記事を参照してみて下さい。

エクセル:式の中で「"(ダブルクォート)」を文字として入力する
こんにちは、さち です。 エクセル(Excel)では、「"(ダブルクォート)」は特殊な意味を持つ記号です。式(関数)の中で文字列を入力する時に使います。 でも、それだと、「"(ダブルクォート)」を普通の文字として入力したいと...

方法3 - 「書式設定」を使う

  1. 式をそのまま入力した状態の「B2」セルにカーソルを合わせます(セルが複数ある場合は、それらのセルをすべて選択)。Ctrl + 1 キーを押して「セルの書式設定」を開きます(「右クリック」→「セルの書式設定」でもOK)。
    エクセル:関数や式をテキストとして表示する方法
  2. 「分類」を「文字列」にして、「OK」ボタンをクリック。
    エクセル:関数や式をテキストとして表示する方法
  3. 「B2」セルを再編集(F2 キー)しますが、特に何も変更せずそのまま確定(Enter キー)します。
    エクセル:関数や式をテキストとして表示する方法
  4. テキストとして表示されました。
    エクセル:関数や式をテキストとして表示する方法

ちなみに、この手順をした後の「B2」セルの内容を見てみると、式の先頭に '(シングルクォート)が付いています。

エクセル:関数や式をテキストとして表示する方法

つまり、「方法1」が自動的に行われただけなので、手動で ' を付けた方が簡単です。

ただし、セルが大量にある時は、手動で ' を付けるより、この方法と下記記事の内容を併用した方が楽です。

エクセル:カーソルを編集したいセルに次々と移動する小ワザ

コメント

タイトルとURLをコピーしました