スポンサーリンク

エクセル:式の中で「"(ダブルクォート)」を文字として入力する

この記事は約3分で読めます。

エクセルで「"(ダブルクォート)」を文字として入力する

こんにちは、さち です。

エクセル(Excel)では、「"(ダブルクォート)」は特殊な意味を持つ記号です。式(関数)の中で文字列を入力する時に使います。

でも、それだと、「"(ダブルクォート)」を普通の文字として入力したいときはどうすればいいの……?

スポンサーリンク

「"」は文字列を意味する記号

まずは、簡単に「"(ダブルクォート)」の使い方と役割を改めて確認していきましょう。

  1. セル内に文字しかない場合、「"」を文字として使うのは簡単。そのまま普通に入力するだけです。
    エクセルで「"(ダブルクォート)」を文字として入力する
  2. では、「B2」セルの内容 to you! を使って、「A2」セルに "MY LIST"to you! と表示してみましょう。この場合、「A2」セルの式は =B2&"to you!" となります。このとき、「to you」を囲んでいる「"」は文字列であることを表す記号(リテラル)であって、単なる文字ではありません。
    エクセルで「"(ダブルクォート)」を文字として入力する
  3. 「A2」セルの式の結果はこんな感じ。"MY LIST"to you! と表示されます。
    エクセルで「"(ダブルクォート)」を文字として入力する

まとめると下記のとおり。

まとめ
  • 文字しかないセルで「"」を入力すると、そのまま文字として「"」が表示される。
  • 式の中で「"」を入力すると、文字列であることを表す記号(リテラル)として扱われる。

たぶん、ここまでは多くの人が理解していると思います。

式の中で「"」を文字として使う

式の中(正確には、式の中にある文字列内)でも「"」を文字として表示したいことがあります。その場合は、少し特殊な入力をしなくてはいけません。

入力する方法

エクセルで「"(ダブルクォート)」を文字として入力する

解決方法はとっても簡単です。「""」のようにダブルクォートを2つ連続して入力すれば、これは単なる文字の「"」に変換されます。

ただ、実際に使おうとすると少し分かりにくいので、具体例をみていきましょう。

例1 - 直接文字列を入力する

  1. 例えば、「B2」セルの to you!"MY LIST" を付け加えて、「A2」セルに "MY LIST"to you! と表示させる式を考えてみます。
    エクセルで「"(ダブルクォート)」を文字として入力する
  2. 「A2」セルの式は ="""MY LIST"""&B2 となります。文字の「"」は2連続だと言っていたのに何で3連続になっているんだと思うかもしれません。
    エクセルで「"(ダブルクォート)」を文字として入力する
  3. 理由は次のとおり。一番外(緑色)の「"」は文字列であることを表すダブルクォート(リテラル)。内側(赤色)の「""」は文字に変換されるダブルクォートなんです。
    エクセルで「"(ダブルクォート)」を文字として入力する

例2 - 他のセルの文字列を「"」で囲む

  1. 例えば、「B2」セルの MY LIST と、「C2」セルの to you! を使って、「A2」セルに "MY LIST"to you! と表示させる式を考えてみます。「B2」セルの MY LIST は「"」で囲まれていないので、付け加える必要がありますね。
    エクセルで「"(ダブルクォート)」を文字として入力する
  2. 「A2」セルの式は =""""&B2&""""&C2 となります。文字の「"」は2連続だと言っていたのに何で4連続になっているんだと思うかもしれません。
    エクセルで「"(ダブルクォート)」を文字として入力する
  3. 理由は次のとおり。4連続の「"」の一番外(緑色)は文字列であることを表すダブルクォート(リテラル)。内側(赤色)の「""」は文字に変換されるダブルクォートです。つまり、「""」から変換される文字「"」は文字列なので、「"」で囲む必要があるわけです。
    エクセルで「"(ダブルクォート)」を文字として入力する

関連記事

エクセル(Excel)で知ってると便利なこと 目次
こんにちは、さち です。 これまでエクセルに関する記事を書いてきたのですが いつの間にか結構記事の数が多くなっていました。 そこで今回はそれぞれの記事にアクセスしやすいよう 目次を作成してみました。 今後新たにエク...

コメント

タイトルとURLをコピーしました