Firefox: リダイレクト(自動転送)を一旦停止して、許可制にする

この記事は約1分で読めます。

リダイレクトがストップして確認表示される

こんにちは、さち です。

今回は、Firefox でできる自衛として、「リダイレクト(自動転送)」をユーザーの許可制にする方法について書いていきます。

スポンサーリンク

設定手順

「アドオン(拡張機能)」は使わずに、Firefox の標準機能だけで実現できます。

  1. アドレスバーに about:config と入力して Enter キーを押します。
    Firefox の about:config
  2. 危険性を承知の上で使用する」をクリック。
    Firefox の about:config
  3. 検索に accessibility.blockautorefresh と入力します。
    検索する
  4. 下に表示された同名の項目をダブルクリック
    項目をダブルクリック
  5. 値が「true」になりました。
    値が「true」になった

以後のリダイレクトの挙動

  1. 例えば、このブログの 古いURL(FC2) にアクセスします。新しいURL(このサイト) に「リダイレクト(自動転送)」するようになっていますが、一旦停止(ブロック)されます。
    リダイレクトがストップして確認表示される
  2. 問題がないリダイレクトなら、サイト上部に表示される「許可」ボタンを押します。
    「許可」ボタンをクリック
  3. 転送先のページに移動できました。
    リダイレクトされた

コメント

タイトルとURLをコピーしました