Firefox: 未起動時にも自動アップデートする設定を変えてみる

この記事は約3分で読めます。

Firefox を実行していない時に更新する

こんにちは、さち です。

Firefox「90」から、Firefox を使っていない時にもアプリの更新(アップデート)ができるようになりました。

そこまでしてアップデートを見張る意味はあるのか疑問なので、設定を確認してみようと思います。

スポンサーリンク

デフォルトだと設定項目がない

  1. バージョン「90」から、Firefox 未使用時にもアップデートができる機能が追加されました。
    Firefox 90
  2. しかし、「設定」にあるはずの「Firefox を実行していない時に更新する」がありません。
    Firefox を実行していない時に更新する

実は、Firefox 90 のリリースノートにこの機能について書かれているのに、なぜかデフォルト(初期設定)では非表示になっています。意図的なのかミスなのか、よく分かりません。

ちなみに、Firefox「91 (β)」ではデフォルトで表示されています。

設定方法

項目を表示させる

おそらく、こちらの手順は Firefox「91」以降では不要です。

  1. アドレスバーに about:config と入力して、Enter キーを押します。
    Firefox の about:config
  2. 危険性を承知の上で使用する」をクリック。
    Firefox の about:config
  3. 検索に app.update.background.scheduling.enabled と入力。
    about:configで検索
  4. 下に表示された同名の項目をダブルクリックして、値を「true」にします。
    項目の値を「true」にする

これで、「設定(オプション)」に項目が表示されます。

未起動時の自動更新を設定する

  1. Firefox の 「≡(メニュー)」→「設定 と進みます。
    Firefox メニュー 設定
  2. 一般」を開きます。
    オプションの「一般」
  3. スクロールして「Firefox の更新」を表示。「更新を自動的にインストールする」をオンにすると、「Firefox を実行していない時に更新する」の設定が変えられます。
    Firefox を実行していない時に更新する
  4. 不要ならチェックを外しておけばOK。
    未実行時のアップデートをやめる
Firefox 未起動時のアップデート確認は「7時間(25200秒)」毎に行われます。確認間隔の変更は「about:config」の「app.update.background.interval」でできます。

ちなみに、下図のように自動インストールを使っていない場合は、前述の設定をしなくても Firefox 未起動時のアップデートは行われません。

バックグランドアップデートをやめる

下にある「更新のインストールにバックグラウンドサービスを使用する」は、かなり前のバージョンからある設定なので、今回の Firefox 未起動時のアップデートとは無関係です。

参考サイト

Firefox 90 リリースノート(英語) - Firefox 公式
Enable background updates on Firefox for Windows - Firefox ヘルプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました