Firefox: CPUの脆弱性の対応策「サイト隔離」機能を使ってみる

この記事は約2分で読めます。

Firefox ロゴ

こんにちは、さち です。

今回は、CPU の脆弱性に対処できる Firefox のセキュリティ機能「サイト隔離(Fission)」を使ってみます。

スポンサーリンク

事前の注意

「サイト隔離(Fission)」は、CPU の脆弱性である「Spectre」から PC を守れるセキュリティ機能です。

しかし、この機能はまだ開発中の段階。安定版の現行バージョン Firefox 88 では、まだ有効になっていません。

Firefox の設定を変更することで機能を有効にできますが、開発中の機能のため不具合が発生する可能性もあります。「サイト隔離」機能の使用は自己責任で行って下さい。

機能を有効にする

  1. アドレスバーに about:config と入力して Enter キーを押します。
    Firefox の about:config
  2. 危険性を承知の上で使用する」をクリック。
    Firefox の about:config
  3. 検索に fission.autostart と入力。
    検索に「fission.autostart」と入力
  4. 下に表示された「fission.autostart」の項目をダブルクリック。
    「fission.autostart」をダブルクリック
  5. 値が「true」になったことを確認。Firefox を再起動します。
    「fission.autostart」が「true」になった

効果を確認してみる

  1. 試しに、「iframe(YouTube の埋め込み動画)」を含むこちらの記事を開いてみます。「サイト隔離」が有効なら「iframe」は別プロセスで読み込まれるはずです。(※ YouTube 自体は安全です)
    iframeがあるページを開いてみる
  2. 「タスクマネージャー」を確認してみます。「サイト隔離」をオンにするとプロセス数が「8」→「12」に増加。その影響から、メモリ消費も「526.3M」→「639.6MB」に増加しています。
    プロセスの数とメモリの消費量が増えた
  3. さらに、しばらく Firefox を使っていると「バックグラウンド プロセス」にも Firefox があらわれました。「サイト隔離」を有効にする前はなかったことです。
    バックグラウンドプロセスがあらわれた
  4. ちなみに、「サイト隔離(Fission)」機能が有効なのは、アドレスバーから about:support を開いて、「Fission ウィンドウ」の項目でも確認できます。
    「Fission ウィンドウ」が有効になった

「サイト隔離(Fission)」機能によって不具合が起きるのかは、これから身を持って調査していきたいと思います。もし、不具合があったらこちらの記事に追記します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました