iPhone: 「楽天モバイル」「IIJmio」の デュアルSIM で良いとこ取りをする

この記事は約7分で読めます。

コントロールセンターのアンテナ表示

こんにちは、さち です。

両親が「楽天モバイル」を使っているのですが、『最近、電波があまりよくない』と相談を受けました。

「楽天モバイル」はアンテナが設置途中のエリアでは「パートナー回線(au の電波)」を提供していますが、それが終了して電波が弱くなったのかもしれません。

他のキャリアに乗り換える方法もありますが、両親は『楽天モバイルの「通話し放題」を引き続き使いたい』とのことなので、「格安SIM」の回線を追加して良いとこ取りをすることにしました。

いわゆる「デュアルSIM」です。

スポンサーリンク

「デュアルSIM」を使う

デュアルSIM とは?

SIMロック解除

そもそも「SIM」とは?

スマホの中には、契約情報が記録されている「SIM」というものが入っていて、それを使って電波塔と通信しています。つまり、外出先でスマホを使うには「SIM」が必須です。

「SIM」には2つの種類があります。「カード(物理)」と「デジタル(データ)」です。前者は「SIMカード」や「物理SIM」と呼ばれ、後者は「eSIM」と呼ばれます。

「SIMカード」は、カード状のもの(上図)でスマホに挿し込んで使います。
「eSIM」は、デジタルデータなのでダウンロードして使います。

2022年3月現在、広く普及しているのは「SIMカード」ですが、今後はオンライン(ネット)だけで完結できる「eSIM」も増えていくと思われます。

つまり、「デュアルSIM」とは?

「デュアルSIM」は、前述のような「SIM」を2つ使う(デュアル)という意味。つまり、1台のスマホ2つの回線を同時に使う方法です。

今回は、1台の iPhone で「楽天モバイル」「格安SIM」2つの回線を使います。

「メイン」と「サブ」2台のスマホを、1台のスマホにまとめられる技術と思えば、大体合っています。

iPhone の対応

SIMカード / eSIMeSIM / eSIM
「X」以前××
「XR」「XS」~「12」
「SE」第2世代 (2020年)
○×
「13」以降
「SE」第3世代 (2022年)
○○

デュアルSIM に対応している iPhone は、「SE」第2世代を含む「XR, XS」以降の機種です。

iPhone で デュアルSIM を使う場合、基本的に「SIMカード」と「eSIM」1つずつの組み合わせになりますが、「13」以降は「eSIM」2つの組み合わせもできます。

両親は、すでに「楽天モバイル」を SIMカード で契約しているので、追加する「格安SIM」は eSIM で契約する必要があります。

そこで選んだのが、eSIMデータ通信専用ドコモ回線を提供している「IIJmioです。(2022年3月現在)2GB 440円 から使えるので、価格も非常に安いです。

今後の「回線」の使い分け

今までは「通話」と「データ通信」を「楽天モバイル」だけで運用してきましたが、今後は通話」を「楽天モバイル」、「データ通信」を「IIJmio」と分けて運用します。

デュアルSIM の運用方法

「Rakuten Link」の通話は、仕組み上「データ通信」を利用しているため、今後は「IIJmio」のデータ通信量(ギガ)を消費してしまいますが、余程の長電話でない限り消費量は多くないと思います。

逆に、この仕様によって、「楽天モバイル」の電波が悪い場所でも、「IIJmio」のドコモの電波を使って「Rakuten Link」の電話をかけられるというメリットも生まれるわけです。

まとめると、デュアルSIM による2つの「回線」の使い分けは、次のようになります。

「楽天モバイル(通話回線)」を使うもの
  • 「電話」アプリでかける通話(フリーダイヤルなど)
  • かかってくる普通の通話
  • SMS
「IIJmio(データ通信回線)」を使うもの
  • モバイルデータ通信(ネット接続)
  • 「Rakuten Link」「LINE」などの通話

「IIJmio」を契約する

「エントリーパッケージ」の購入

IIJmio の申し込みには「初期費用(3,300円)」がかかりますが、エントリーパッケージ」を使うと無料にできます

「エントリーパッケージ」は初期費用よりも安く買えるので、普通に申し込むよりお得です。

今回は、すぐに使える「DL版」を買ったので、購入後にメールで「エントリーコード」が届きました。

エントリーコード

IIJmio で行っているキャンペーンによっては、「エントリーパッケージ」と併用できない場合があるので、他のキャンペーンを利用したい場合は購入前に確認して下さい。

初期費用ゼロで申し込む

  1. IIJmio 公式サイト にアクセス。「ご購入・お申し込み」に進みます。
    IIJmio トップページ
  2. 購入済みの「エントリーパッケージ」を使うので、「事前支払いした」を選びます。
    事前支払いした
  3. 「エントリーパッケージ」はコードが載っているだけなので、「SIMカードなし」を選びます。(SIMカード / eSIM どちらで申し込むかの選択肢ではない)
    SIMカードなし
  4. 先ほどのメールから「エントリーコード」をコピペして入力します。
    エントリーコードの入力
  5. 今回は eSIM の「データ通信」です。この後も、プラン選択・契約者情報の入力などを進めていきましょう(掲載省略)。
    データ通信/eSIM
  6. 今回は「eSIMデータ通信のみ)」での契約なので、申し込み完了後、割とすぐに「ご利用開始のお知らせ」メールが届きます。
    ご利用開始のお知らせメール

アクティベーション(利用開始の設定)

「別の端末」での操作

こちらの操作は、基本的に IIJmio の回線を利用する予定の端末以外(別のスマホや PC など)で行います

別の端末を用意できない場合は、利用する予定の端末で下記の操作をしても大丈夫ですが、アクティベーションの操作が少し面倒になります。

  1. 「ご利用開始のお知らせ」メールを開き、アクティベーションコードの URL にアクセスします。
    ご利用開始のお知らせメール
  2. 申し込み時に登録した情報でログインします。
    ログイン画面
  3. サービスコードを選ぶと、「アクティベーションコード」が表示されます。(文字列の 1$$ の間が「SM-DP+ アドレス」、$ より後が「アクティベーションコード」)
    アクティベーションコード

「IIJmio を使う端末」での操作

こちらの操作は、IIJmio の回線を利用する予定の端末で行います

また、ネット環境が必須なので、今回がはじめての回線契約である場合は、Wi-Fi への接続が必要です。

  1. 設定」アプリを開きます。
    iPhone アプリ 設定
  2. モバイル通信」をタップ。
    モバイル通信
  3. モバイル通信プランを追加」をタップ。
    通信プランを追加
  4. 別の端末で表示しているアクティベーションの QRコード を読み取ります。(前項の操作を同じ端末で行った場合は、画面下部にある「詳細情報を手動を入力」から、こちらの画像ページを参考に「SM-DP+ アドレス」と「アクティベーションコード」をコピペ入力)
    QRコードの読み取り
  5. モバイル通信プランを追加」をタップ。
    モバイル通信プランを追加
  6. に「既存の回線(楽天モバイル)」、に「新しい回線(IIJmio)」が表示されるので、分かりやすい名称をつけます。今回は、電波の違いが分かりやすいように、楽天モバイルを「楽天」、IIJmio を「ドコモ」とします。(IIJmio の eSIM はドコモ回線を使っている)
    「IIJ」が追加された
  7. デフォルト回線」を選びます。要するに、電話をかける・SMSを送るときに使う回線を選びます。今回、「IIJmio(ドコモ)」 はデータ通信専用なので、「楽天モバイル(楽天)」を選びます。
    デフォルト回線
  8. 「iMessage と FaceTime」で使う回線を選びます。IIJmio 契約前から iMessage を使っているので、引き続き「楽天(楽天モバイル)」で使用します。
    iMessage と FaceTime
  9. 「モバイルデータ通信」で使う回線を選びます。これは「IIJmio(ドコモ)」にします。(下部にある電波状況による使用回線の自動切り替えの「オン/オフ」はお好みで)
    モバイルデータ通信
  10. 設定が完了すると、モバイル通信プランに「IIJmio(ドコモ)」が追加されています。(ページ上部の「モバイルデータ通信」が指定した回線になっていない場合は選び直す)
    「IIJ」が追加された
  11. 電波強度(アンテナ)の表示が「!」のような2段になったのが分かります。「楽天モバイル」と「IIJmio」、2つの電波を同時に使っているからです。
    モバイル通信のアンテナ表示
  12. コントロールセンターを表示すると、電波強度(アンテナ)の詳細を見られます(データ通信に接続中の回線が上に表示される)。この上段/下段の位置は、手順「11」の表示と連動しています。
    コントロールセンターのアンテナ表示

これで、追加した eSIM の「IIJmio(データ通信専用)」回線が使えるようになりました。

データ使用量の確認には「My IIJmio」を使うので、こちらのアプリを入手・ログインして、すべての作業が完了です。

My IIJmio

公式サイト

→ IIJmio の公式サイトへ

→ 楽天モバイルの公式サイトへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました