スポンサーリンク

iPhone:充電が80%で止まってしまう時の対処法

この記事は約2分で読めます。

iPhone:充電が80%で止まってしまう時の対処法

こんにちは、さち です。

iPhone を充電したあとバッテリー残量を見ると、ちょうど「80%」なことが時々あります。

最初は、たまたま「80%」で充電を切ってしまったと思いました。しかし、フル充電に十分な時間充電をしても、充電が「80%」で止まっていることも……。

どうして……?

スポンサーリンク

充電が80%で止まるのは"わざと"

バッテリーの充電がどのように行われたか、確認してみます。

  1. 「設定」を開きます。
    iPhone アプリ 設定
  2. 「バッテリー」をタップ。
    iPhone:充電が80%で止まってしまう時の対処法
  3. バッテリー残量のグラフを見ると、充電が途中(80%)で止まっているのが分かります。
    iPhone:充電が80%で止まってしまう時の対処法

これは不具合ではなく、iOS 13 から搭載されたバッテリー保護機能によるものです。バッテリーの劣化が早まる100%のフル充電を避けることで、バッテリーの寿命を伸ばします

ただし、毎回充電が80%で止まるわけではありません。iPhone は充電サイクルを学習していて、必要なときは100%のフル充電もします。

充電が80%で止まることがあっても支障がない人は、そのまま使い続けた方が良いです。

常にフル充電させる方法

常にフル充電したい場合は、バッテリー保護機能を無効にしましょう。

  1. 「設定」を開きます。
    iPhone アプリ 設定
  2. 「バッテリー」をタップ。
    iPhone:充電が80%で止まってしまう時の対処法
  3. 「バッテリーの状態」をタップ。
    iPhone:充電が80%で止まってしまう時の対処法
  4. 「最適化されたバッテリー充電」の説明に、『80%を超える充電を保留します』とありますね。このスイッチを「オフ」にしましょう。
    iPhone:充電が80%で止まってしまう時の対処法
  5. 今日だけフル充電したい場合は「明日までオフにする」、今後ずっとフル充電したい場合は「オフにする」を選びます。
    iPhone:充電が80%で止まってしまう時の対処法
  6. 「最適化されたバッテリー充電」がオフになりました。
    iPhone:充電が80%で止まってしまう時の対処法

これで、バッテリーが100%までフル充電されるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました