スポンサーリンク

iPhone:Live Photos(動く写真) が勝手にオンになるのを防ぐ

この記事は約1分で読めます。

iPhone:Live Photos(動く写真) をずっと無効にする

こんにちは、さち です。

iPhone 標準アプリ「カメラ」には、シャッターの前後1.5秒ずつを撮影する Live Photos という機能があります。簡単にいうと動く写真です。

ただ、Live Photos は実際のところ短い動画です。普通の写真よりもファイルサイズが大きく、iPhone や iCloud のストレージを圧迫します。

シャッターチャンスが重要なときに役立つ機能ですが、そんな場面はあまりないので基本はオフにしています。

でも、いつの間にかオンに戻っていることが……。

どうして……?

スポンサーリンク

Live Photos が自動でオンになる

  1. iPhone 標準の「カメラ」をタップ。
    iPhone アプリ カメラ
  2. カメラが起動しました。
    iPhone:Live Photos(動く写真) をずっと無効にする
  3. 「Live Photos」がオンになっています。このアイコンをタップすると……
    iPhone:Live Photos(動く写真) をずっと無効にする
  4. Live Photos がオフになります。
    iPhone:Live Photos(動く写真) をずっと無効にする
  5. しかし、後日再び「カメラ」を起動すると、Live Photos が勝手にオンに戻っていることがあります。
    iPhone:Live Photos(動く写真) をずっと無効にする

解決方法

  1. 「設定」を開きます。
    iPhone アプリ 設定
  2. 「カメラ」をタップ。
    iPhone:Live Photos(動く写真) をずっと無効にする
  3. 「設定を保持」をタップ。
    iPhone:Live Photos(動く写真) をずっと無効にする
  4. 「Live Photos」をオンにします。
    iPhone:Live Photos(動く写真) をずっと無効にする

これで、Live Photos が自動的にオンに戻ることはありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました