【iPhone】 iCloud の「書類とデータ」が終了。削除を防ぐ設定をする

この記事は約2分で読めます。

設定の画面

こんにちは、さち です。

iCloud」の「書類とデータ」の同期サービスが2022年5月31日で終了します。

終了日が来ると「書類とデータ」は削除されますが、内容はそのまま「iCloud Drive」に移行することも可能です。

ただし、移行するには「iCloud Drive」を有効にしておく必要があります。「有効」になっていれば自動で移行されるので、iPhone の設定を確認しておきましょう。

スポンサーリンク

「iCloud Drive」を有効にする

  1. 設定」アプリを開きます。
    iPhone アプリ 設定
  2. 自分の名前になっている「Apple ID アカウント」をタップ。
    設定の画面
  3. iCloud」をタップ。
    設定の画面
  4. iCloud Drive」をオンにします。
    設定の画面

自分で「iCloud Drive」をいじってない限り「オン」になっているとは思うんですが、データにアクセスできない状況が起きたら大変ですからね……。念のために、確認しておきましょう。

ちなみに、「書類とデータ」から「iCloud Drive」に移行しても、iCloud の消費容量は変わらないので安心して下さい。

保存されているデータの確認

一応、「iCloud Drive」に保存されているデータを確認する方法も書いておきます。

  1. ファイル」アプリを開きます。
    ファイル
  2. iCloud Drive」をタップ。
    ファイルの画面
  3. ここに保存されているデータが、iCloud に同期されています。
    ファイルの画面

参考文献

→ iCloud の書類とデータから iCloud Drive にアップグレードする方法 - Apple サポート

コメント

タイトルとURLをコピーしました