【iPhone】 売る前・あげる前に何をしておけばいい?【まとめ】

この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています

初期設定の画面

こんにちは、さち です。

先日、iPhone を「15」に買い替えました。今まで使っていた「12」は中古として売る予定です。

そこで今回は、iPhone を売る前(売却,譲渡前)にやっておくことを、まとめていきます。

iPhone の初期化なんて、数年に一度の買い替えたときにしかしないので、次のときには忘れちゃってますからね……。備忘録です。

スポンサーリンク

【手順1】 バックアップ

一番大事なのは「バックアップ」と「引き継ぎ」です。自分の新しい iPhone に必要なデータを移行しておきましょう。

アプリの引き継ぎ設定

アプリの引き継ぎの方法には次のようなものがあります。

主な引き継ぎの方法
  • 「ID」と「パスワード」を使う
  • 「引き継ぎコード」を使う
  • 「iCloud」を使う
  • 「物理ポイントカードの情報」を使う

この中で、注意が必要なのは「引き継ぎコード」を使う方法です。

引き継ぎコード」は古い iPhone の方で発行しておく必要があるので、古い iPhone を初期化すると引き継ぎができなくなってしまいます。

一番安全なのは、新しい iPhone ですべてのアプリの引き継ぎが終わるまで、古い iPhone の初期化はしないことです。

関連記事

【LINE】 過去14日分の「トーク」を自動でバックアップする

iPhone のバックアップ

iPhone 本体の「設定」、「写真」などの画像、Apple 製の一部アプリに関する「データ」などは、iCloud のバックアップを使って引き継がれます。

新しい iPhone に数日前のデータが移行してしないように、最新状態の iPhone をバックアップしておきましょう。

  1. 設定」アプリを開きます。
    設定画面
  2. 自分の名前(Apple ID)」をタップ。
    設定画面
  3. iCloud」をタップ。
    設定画面
  4. iCloudバックアップ」をタップ。
    設定画面
  5. 今すぐバックアップを作成」をタップ。(ない場合は、「この iPhone をバックアップ」をオンにする)
    設定画面

【手順2】 解除する

「iPhone を探す」をオフにする

  1. 設定」アプリを開きます。
    設定画面
  2. 自分の名前(Apple ID)」をタップ。
    設定画面
  3. 探す」をタップ。
    設定画面
  4. iPhoneを探す」をタップ。
    設定画面
  5. iPhoneを探す」をオフにします。(Apple ID のパスワードを求められた場合は入力する)
    設定画面

「Bluetooth」機器の登録を解除

Bluetooth で接続する機器の登録(ペアリング)を解除します。

  1. 設定」アプリを開きます。
    設定画面
  2. Bluetooth」をタップ。
    設定画面
  3. 自分のデバイスの右側にある「」アイコンをタップ。
    設定画面
  4. このデバイスの登録を解除」をタップ。
    設定画面
  5. デバイスの登録を解除」をタップ。
    設定画面

「SIMロック」の解除

「SIMロック」は、その iPhone を購入したキャリア(ドコモ・au・ソフトバンクなど)でしか使えなくする仕組みです。

ただし、「Apple Store」でキャリア契約せずに購入した場合、SIMロック はありません。

2021年10月から原則禁止になったので、iPhone 13 以降は SIMロック がないですが、一応「SIMロック」の有無を確認しておきましょう。

  1. 設定」アプリを開きます。
    設定画面
  2. 一般」をタップ。
    設定画面
  3. 情報」をタップ。
    設定画面
  4. SIMロックなし」になっていればOK。
    設定画面
SIMロック は各キャリアで解除の申し込みができます。オンライン(ウェブ)で手続きすれば無料です。(ショップなどの窓口では有料の場合がある)

「Apple ID」をサインアウト

  1. 設定」アプリを開きます。
    設定画面
  2. 自分の名前(Apple ID)」をタップ。
    設定画面
  3. サインアウト」をタップ。
    設定画面
  4. サインアウト」をタップ。(データのコピーは iPhone に残さなくてOK)
    設定画面
  5. サインアウト」をタップ。
    設定画面
  6. Apple ID をサインアウトできました。
    設定画面

「SIM」の取り出し

SIMカードスロット

「SIMカード」の場合は、iPhone 側面にある SIMスロット から取り出し、新しい iPhone に入れ替えます。

「eSIM」の場合は、古い iPhone の方を消去して、新しい iPhone の方に登録し直します。(手数料がかかることがあります)

格安SIM(MVNO) は、さらに新しい iPhone 側で「プロファイル(APN)」の設定が必要な場合があります。

Wi-Fi アドレスの登録を解除する

「Wi-Fi 親機」や「自宅ネットワーク内で接続する機器」では、「MACアドレスフィルタリング」のために iPhone の Wi-Fiアドレス が登録されている場合があります。

今後、その iPhone から機器に接続することがないのであれば、機器に登録されている iPhone の Wi-Fiアドレス を削除しておきましょう。

Wi-Fiアドレス(MACアドレス)は、1F:2E:3D:4C:5B:6A のような16進数(0~9とA~F)12桁で、iPhone の「設定」アプリ→「一般」→「情報」→「Wi-Fiアドレス」で確認できます。

【手順3】 データを消す(初期化)

この操作を行うと iPhone 内のデータがすべて消えます。必ず、新しい iPhone にすべてのデータを移行できたことを確認してから行って下さい。
  1. 設定」アプリを開きます。
    設定画面
  2. 一般」をタップ。
    設定画面
  3. 転送またはiPhoneをリセット」をタップ。
    設定画面
  4. すべてのコンテンツを設定を消去」をタップ。
    設定画面
  5. 続ける」をタップ。
    設定画面
  6. パスコード」を入力。(Apple ID をサインアウトしていないと、Apple ID のパスワードを入力を求められる場合がある)
    設定画面
  7. iPhone を消去」をタップ。(【注意】この操作が消去前の最終確認です)
    設定画面
  8. Apple のロゴが表示され、iPhone 内のデータは完全に削除されます。
    初期化の画面
  9. 削除が完了すると、購入時と同じ「初期設定」の画面になります。
    初期設定の画面
初期化後に「MEID」「SN」「IMEI」「ICCID」の確認が必要になった場合は、初期設定の画面の右下にある「(情報)」アイコンをタップします

関連記事

iPhone:古い機種の iCloudバックアップ を削除してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました