iPhone: ネットがはかどる「Safari」の小技9個

この記事は約3分で読めます。

iPhone アプリ Safari

こんにちは、さち です。

今回は、iPhone のウェブブラウザー「Safari」に関する、知っているとネットがはかどる便利な小技を9個紹介します。

特別なものではないので知っている人もいるかもしれませんが、知らない操作方法があればぜひ覚えて使いこなして下さいね。

スポンサーリンク

「アドレスバー」での操作

URL をコピーする

  1. 「アドレスバー」を長押し(ホールド)
    アドレスバー
  2. ページの URL を簡単に「コピー」できます。アドレスバーを入力モードにしなくてもいいので楽ですね。
    コピー/読み上げ

URL をペーストする

  1. URL をコピーしました。
    URLをコピー
  2. Safari で新しいタブを開いて、「アドレスバー」を長押し(ホールド)
    アドレスバー
  3. 簡単に URL をペーストして、ページを開けます。
    ペースとして開く
  4. アドレスバーを入力モードにしてペーストするより早いですね。
    サイトが表示

デスクトップ版を表示する

  1. スマホ版の「Google画像検索」を開いています。
    スマホ版のGoogle画像検索
  2. アドレスバーの左端にある「ぁあ」をタップ
    アドレスバーの左端にある「ぁあ」
  3. 「デスクトップ用Webサイトを表示」をタップ。
    デスクトップ用Webサイトを表示
  4. デスクトップ版の「Google画像検索」が表示されました。この方法を使えば、iPhone からでも画像をアップロードして類似画像を検索できます。
    デスクトップ版のGoogle画像検索

スマホ版の表示に戻したい時は、同じ手順で「モバイル用Webサイトを表示」を選べばOK。

画面サイズに合わせて表示が変わる(レスポンシブデザイン)サイトでは、この機能を使っても PC のような表示にはなりません

ページのトップに戻る

「アドレスバー」ではありませんが、近い場所での操作なので、こちらで一緒に紹介しておきます。

  1. ページを下の方まで読み進めました。この状態で、時刻・バッテリー等のアイコンがあるエリアをタップすると……
    時刻・アンテナ・バッテリー表示がある画面上部
  2. 一瞬でページのトップに移動できます。「トップに戻る」ボタンがないサイトでも簡単にトップに戻れますね。
    ページの一番上に移動

「操作アイコン」での操作

履歴を一覧表示する

  1. 「戻る」アイコンを長押し(ホールド)
    「戻る」アイコン
  2. 履歴が一覧表示されます。ページを一気に戻りたい時に便利ですね。
    履歴の一覧

簡単にタブを閉じる

  1. 「タブ」アイコンを長押し(ホールド)
    「タブ」アイコン
  2. タブ一覧に移動せずに「このタブを閉じる」ことができます。また、「タブをすべて閉じる」「新規プライベートタブ」「新規タブ」の操作もできます。
    タブ関連のメニュー

余談ですけど、「◯個のタブをすべて閉じる」って日本語がおかしいですよね。誤訳でしょうか?

簡単にブックマークする

  1. 「ブックマーク」アイコンを長押し(ホールド)
    「ブックマーク」アイコン
  2. ページを簡単に「ブックマークに追加」できます。また、「すべてのタブをブックマークに追加」「リーディングリストに追加」の操作もできます。
    ブックマーク関連のメニュー

「タブ一覧」での操作

最近閉じたタブを復元する

  1. 「+」アイコンを長押し(ホールド)
    タブ一覧の「+」ボタン
  2. 「最近閉じたタブ」の一覧が表示されます。間違えて閉じてしまったタブを復元したい時に便利ですね。
    最近閉じたタブの一覧が表示

簡単にタブを閉じる

  1. 「完了」を長押し(ホールド)
    タブ一覧の「完了」
  2. 「タブをすべて閉じる」ことができます。
    タブをすべて閉じられる

コメント

タイトルとURLをコピーしました