iPhone: 複数画像の切り抜き(トリミング)を自動化する

この記事は約4分で読めます。

すべての写真

こんにちは、さち です。

これまで、iPhone で複数の画像をトリミング(切り抜き)するときは、とあるアプリを使っていました。

しかし、そのアプリでは作成した「切り抜き」のプリセットに名前を付けることができず、何のために作ったものなのかよく分からなくなってしまい、使い勝手がイマイチなんです……。

そこで今回は、iPhone の「ショートカット」を使って、画像の切り抜きを自動化してみます。

スポンサーリンク

やりたいこと

  1. 「スクスタ」のガチャ結果のスクリーンショット(以下:スクショ)です。この画像を……
    元の画像
  2. このように切り抜きたいと思います。
    ショートカットで加工した後の画像
  3. ただし、同じようなスクショが複数枚あるので、すべてを手作業で切り抜くのは面倒です。iPhone の標準機能「ショートカット」を使って自動化してみます。
    すべての写真

作ってみる

「ショートカット」アプリを使う

iPhone アプリ ショートカット

ショートカット」は最初から iPhone に入っている Apple純正 の標準アプリです。

このアプリを使うことで、決まった処理を自動化できます。

アクションを追加する

  1. 画面右上にある「」アイコンをタップ。
    ショートカットの新規作成
  2. アクションを追加」ボタンをタップ。
    アクションを追加
  3. 検索に「選択」と入力。下に表示されたアクションの中から「写真を選択」をタップ。
    写真を選択
  4. 追加されたアクションの下部にある「表示を増やす」をタップ。
    表示を増やす
  5. 複数を選択」をオンにします。これで複数の画像をまとめて選べるようになります。
    複数を選択
  6. アクションの下にある「」ボタンをタップ。
    アクションを追加
  7. 検索に「切り取り」と入力。下に表示されたアクションの中から「イメージを切り取り」をタップ。
    イメージを切り取り
  8. 追加されたアクションの「表示を増やす」をタップ。「位置」をタップします。
    位置
  9. 自由に設定したいので「カスタム」を選びます。
    カスタム
  10. 今回、切り抜きの開始位置は「X座標」を406、「Y座標」を145にします。また、切り抜く範囲は「幅」を1722、「高さ」を580にします。
    XY座標・幅・高さの設定
  11. アクションの下にある「」ボタンをタップ。
    アクションを追加
  12. 検索に「保存」と入力。下に表示されたアクションから「写真アルバムに保存」をタップ。
    写真をアルバムに保存
  13. アクションが追加されました。これで指定サイズで切り取られた画像が「写真」に保存されます。
    写真をアルバムに保存

名前をつける

  1. アクションの追加が終わったら、画面のトップの右上にある「…」ボタンをタップ。
    ショートカットの設定ボタン
  2. ショートカットの内容に合わせた名前を入力して、画面右上にある「完了」をタップ。
    ショートカットの名前を設定
  3. さらに、画面右上に「完了」をタップ。
    ショートカットの作成完了
  4. ショートカットができました。
    作成したショートカット

使ってみる

  1. 作成したショートカット「スクスタガチャ結果 切り抜き」をタップします。
    作成したショートカット
  2. ショートカットに渡す画像をすべて選んで、右上にある「追加」をタップ。
    すべての写真
  3. ショートカットの処理が完了しました。
    ショートカットの動作が完了
  4. 「写真」アプリを開くと、ショートカットによって処理された画像が出力されています。(例では、すぐ下にある画像が処理済みのもの)
    すべての写真

再編集する

作成済みのショートカットは後からでも再編集できます。今回は、例として切り抜いた画像を結合して保存するように変更してみます。

  1. 右上にある「…」ボタンをタップすることで、そのショートカットの中身を再編集できます。
    作成したショートカット
  2. アクションの下にある「」ボタンをタップ。
    アクションを追加
  3. 検索に「結合」と入力。下に表示されたアクションから「イメージを結合」をタップ。
    イメージを結合
  4. 画像を結合するアクションが追加されましたが、最後になってしまっています。このアクションを画像を保存する前に移動してみましょう。
    イメージを結合
  5. アクションをドラッグ&ドロップして移動します。
    アクションの場所を移動
  6. さらに、結合する方向を変えたいので「横方向」をタップします。
    アクションの内容を変更
  7. 縦方向」をタップ。
    縦方向
  8. できました。ちなみに、「表示を増やす」とあらわれる「間隔」は「0」にしました。
    イメージを結合
  9. 画面トップの右上にある「完了」をタップして、再編集を終了します。
    ショートカットの作成完了
  10. 再編集したショートカットを実際に使うと、こんな感じで切り抜いた画像を縦に結合したものが出力されます。
    ショートカットで加工した後の画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました