スポンサーリンク

第2世代 iPhone「SE」は何が進化したのか調べてみた

この記事は約5分で読めます。

iPhone SE, 11, 8 の比較

こんにちは、さち です。

先日、第2世代の新型 iPhone SE が発表されました。発売日は4月24日。すぐそこに迫っています(ドコモ,au,ソフトバンクでは5月11日発売)。

そこで今回は、第2世代の iPhone SE が既存の機種(「8」「11」)とどこが違うのか、比較してみます。

スポンサーリンク

iPhone SE(第2世代)は何が進化したのか

第2世代の iPhone SE(以下:SE2)は「8」系統の機種なので、主に「8」と比較しつつ、全画面型(ホームボタンなし)のお手頃機種「11」とも比較してみます。

外観(見た目)

iPhone SE, 11, 8 の比較

外観は、「8」とほぼ同じです。第1世代の SE と比べるとかなり大きいです。

カラーで、「8」と違う点は「ゴールド」がなく「レッド」があること。(ちなみに、「8」の「シルバー」は見た目がほぼ「白」なので、「ホワイト」とあまり変わらない)

ただし、「SE2」は前面パネルの色は常に「黒」です。カラーは3色ありますが、「ホワイト」「レッド」も前面パネルは「黒」です。「11」でも同様でしたが、全画面型なのでこの点はあまり目立っていませんでした。

大きさと重さは、「8」とまったく同じです。

スペック(性能)

比較表

下記の表で、iPhone「8」から「SE2」で進化したところを赤色の文字で表示しています。

また、iPhone「11」と「SE2」で異なるところを緑色の文字にしてあります。

第1世代の iPhone SE は、かなり前に生産を終了していますが、比較用として一応載せておきます。

iPhone SE, 11, 8 の比較表
※1 「iPhone XRより最大1時間長いバッテリー駆動時間」という公式記載からの算出値
※2 「iPhone 8とほぼ同じバッテリー駆動時間」という公式記載からの算出値

iPhone SE, 11, 8 の比較表
価格は Apple オンラインストア での税抜価格(2020年4月時点)
※ 下の数値は同じ容量の「11」との差額

「SE2」と「8」の比較

「SE2」と「8」は見た目がほぼ同じ。「SE2」が登場したのと同時に「8」は生産を終了しました。つまり、「SE2」は第1世代 SE の後継というより、事実上「8」の後継機種です。

「8」から「SE2」で進化しているところは下記のとおり。

主な進化
  • 新色「レッド」の登場
  • 「チップ」の性能向上による高速化
  • 「メモリ」が増えて動作がスムーズに
  • 「4G」が高速化
  • 「Wi-Fi」が高速化
  • バッテリーが切れても「Suica」が使える

やはり、目立つのは処理能力の向上でしょうか。チップの性能向上とメモリの増加によって、それがもたらされています。

また、4G の通信速度が向上しています。ただ、勘違いしないで欲しいのは、最近 CM で宣伝されている 5G とは違うということ。あくまで 4G です。5G には対応していません。

Wi-Fi も高速化しています。ただし、使用するには Wi-Fi の親機(家に設置する機器)側も 802.11ax (Wi-Fi 6) に対応している必要があります。最近のものでないと未対応なので、注意して下さい。

「8」では、バッテリーが切れると Suica が使えませんでしたが、「SE2」はバッテリーが切れても最大5時間使えるようになりました。万一のときに安心ですね。

「SE2」と「11」の比較

「SE2」と「11」で違うところは下記のとおり。

主な違い
  • ホームボタンがあり「指紋認証」が使える
  • 4.5万円からで「安い」
  • 「サイズ」が小さい,軽い
  • カラーの「イエロー」「パープル」「グリーン」がない
  • 「11」より「防水性能」が少し低い
  • 「11」より「メモリ」が少ない
  • 「11」より「カメラ」の性能が低い
  • 「11」より「バッテリー」がもたない

一番大きな違いは「ホームボタン」があること。そのため「指紋認証」も使えます。昨今、マスクを付けることが多い状況。マスクは顔を隠してしまうため「顔認証」は使いにくく、「指紋認証」の使いやすさが再認識されていますね。

また、価格も4.5万円からなので、最近の iPhone と比べて非常にリーズナブル。「11 Pro」からすると廉価版だった「11」ですら7.5万円からだったので、3万円も安いのは大きいです。価格的には「11」から約40%オフ。

カラーバリエーションは「11」より少ないですが、「11」が特別に多いだけなので比べても仕方ない気はします。どうしても欲しい色があるという訳でなければ、大丈夫でしょう。

防水性能は、IP67。「11」が IP68 なので少し劣ります。とはいえ、違いは耐えられる水深です。「SE2」でも水深1m程度の水没には耐えられるので、そこまで気にしなくて大丈夫です。

カメラの搭載は、アウト/イン共に1つ。「11」はアウトが2つで超広角が使えますが、「SE2」は広角だけ。「11」よりも撮影できる範囲が狭いです。インカメラのピクセル数も 7メガ で、「11」の 12メガ よりも少なく、自撮りの画質が落ちることになります。また、ナイトモードがないので、暗い場面では写真がキレイに撮れない可能性があります。

バッテリー持続は、ビデオで13時間・オーディオで40時間です。「11」はビデオで17時間・オーディオで65時間なので、それぞれ4時間・25時間バッテリー持ちが短いです。ビデオ・オーディオを使うことが多い場合は、気をつけて下さい。

どれを買えばいいか

iPhone SE (第2世代) がおすすめな人

「ホームボタン」が欲しい、「出費」を抑えたい人は、「SE2」がおすすめです。カメラとバッテリーの性能にやや難はありますが、4.5万円からという非常にお手頃な価格なのは大きな魅力です。

iPhone 11 がおすすめな人

「高性能カメラ」「長時間バッテリー」が欲しい人は、「11」がおすすめです。ただし、カメラ性能は「11 Pro」の方がさらに上です。カメラを重視している場合は、そちらも検討してみて下さい。

 

ちなみに、「8」は生産が終了しています。大手キャリア3社では在庫処分によって安く手に入れられる可能性があります。欲しい人は狙ってみるのも良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました