スポンサーリンク

「鬼滅の刃」の毛筆フォントが激安だから買ってみた

この記事は約3分で読めます。

「鬼滅の刃」の毛筆フォントが激安だったから買ってみた

こんにちは、さち です。

先日、ツイッターでアニメ「鬼滅の刃」で使用されたフォントが、セールで激安になっていることを知りました。

2つの毛筆フォントがセットになって、通常23,960円が期間限定(2020/04/13まで)で 87%OFF の 3000円(税抜)。しかも買い切り。安すぎんか!?

【追記】
新型コロナで制作困難なアニメ・漫画業界を応援するため当面割引を継続するそうです

以前から、『毛筆フォント欲しいな~』と思っていたのですが、結構良いお値段するのであきらめていたんですよね……。このチャンス、逃すわけにはいかない!

ということで、鬼滅の刃のフォント「闘龍(とうりゅう)」「陽炎(かげろう)」が同梱された「鬼セット」を買いました。

この記事は、ガチで普通にフォントを買った個人の感想です。広告や依頼等ではないのでご安心下さい。

スポンサーリンク

「鬼滅の刃」のどこで使われたの?

「鬼セット」に含まれている「闘龍」「陽炎」は、アニメ「鬼滅の刃」で使用されたフォントです。具体的には、鬼殺隊(敵と戦う集団)の最高位である「柱」と呼ばれるキャラクターの登場シーンで、名前の表示に使用されています。

実際に再現してみました。「恋柱」には陽炎、「甘露寺蜜璃」には闘龍が使われています。

同じくこちらも、「蟲柱」には陽炎、「胡蝶」には闘龍が使われています。しかし、ひらがなの「しのぶ」には別のフォント「黒龍」が使われていて、完全再現はできませんでした。ちょっと残念。

文字サンプル

有料フォントなので、サンプルの掲載は少なめにしておきます。

闘龍(とうりゅう)

文字に丸みがありつつも、勢いや荒々しさがあります。

「鬼滅の刃」の毛筆フォントが激安だったから買ってみた

陽炎(かげろう)

文字の形が無骨で、闘龍よりも荒々しさが感じられます。

「鬼滅の刃」の毛筆フォントが激安だったから買ってみた

使用する時のポイント

文字間隔

文字同士の間隔が広めのフォントなので、「トラッキング」や「カーニング」など文字間隔の調整ができるアプリを使った方が良いです。私は Affinity Photo を使っています。

下の例では、文字間隔だけでなく「ベースライン」も少しいじっています。

「鬼滅の刃」の毛筆フォントが激安だったから買ってみた

文字の形

「闘龍」「陽炎」は、フォント名の末尾に「N」が有る/無いもの、2種類がそれぞれ同梱されてます。

これは、JIS(日本工業規格)が2004年に定めた「JIS2004」の文字の形に、対応しているかどうかの違いです。旧規格の「JIS90」から168文字が変更されています。

この「JIS2004」に対応しているフォントは、末尾に「N」が付いています。

新規格「JIS2004」と旧規格「JIS90」の違いの例は、こんな感じです。

「鬼滅の刃」の毛筆フォントが激安だったから買ってみた

まとめ

念願の毛筆フォントを安く手に入れられて嬉しいです! 「闘龍」「陽炎」は文字の形を崩したフォントなので、カッチリとした「極太楷書」なんかも欲しくなっちゃいますね。

アニメというプロの現場で使われる品質で、第二水準の漢字まで入った毛筆フォントが、2個セットで3,000円(税抜)という買い切り価格。正直めちゃくちゃ安いです。

「闘龍」「陽炎」を同梱した「鬼セット」のセール(87%OFF)は、2020年4月13日までです。『筆文字のフォントを使いたい!』という人は購入してみてはいかがでしょうか?

【追記】
コロナで制作困難なアニメ・漫画業界を応援するため当面割引を継続するそうです
大人気アニメ採用「鬼セット」87%OFF 闘龍+陽炎 - (株)昭和書体
「コロナで制作困難なアニメ・漫画業界を応援」アニメや漫画の制作が困難な会社やクリエイターを応援するた...

コメント

タイトルとURLをコピーしました