QNAP NAS: HDD を増設して「RAID」タイプを変更する

この記事は約4分で読めます。

HDDを増設

こんにちは、さち です。

先日、QNAP の NAS(ネットワークHDD)「TS-230」を導入して、データのバックアップの環境を少しずつ整えてきました。

ただ、まだ「RAID」を組んでいません。NAS を使うなら RAID は必須と言っても過言ではありません。

すでに NAS は「シングル(RAIDなし)」で稼働していますが、HDD を増設して「RAID」を変更してみます。

スポンサーリンク

増設用の HDD を準備する

今回、NAS の増設用に用意した HDD は Western Digital 製 「WD RED Plus」 2TB です。

Western Digital NAS用 HDD 「WD Red Plus」 2TB WD20EFZX
ウエスタンデジタル(Western Digital)
24時間稼働も想定した高耐久の HDD。NAS に適した CMR 記録方式。3年保証。
※ 型番末尾の「-RT」「-EC」は流通網の違いだけで中身は同じです

以前、NAS用 の HDD を買ったときは知識がなく、NAS用 には向かない SMR方式 を採用している「WD RED」を選んでしまいました……。

NAS用 に最適な CMR方式 を採用しているのは、「WD RED Plus」または「WD RED Pro」です。「WD RED」も NAS用 HDD と謳われていますが、避けたほうが無難です。

SMR と CMR については、こちらの記事で書いているので、HDD を選ぶときは参考にしてみて下さい。

大手メーカーの HDD が「CMR」「SMR」どっちなのか調べてみた

RAID を変更する手順

購入した HDD を使って、実際に RAID を変更していきます。

HDD を増設する

  1. 増設用に買った「WD Res Plus」の 2TB です。すでに NAS で使っている HDD と同じ容量です。
    用意したHDD
  2. NAS の底面にあるネジを外して……
    底にあるネジを外す
  3. カバーを取り外します。
    カバーを外す
  4. HDD を空いているスロットに増設します。(下のスロットに既存の「WD RED」が見える)
    HDDを増設
  5. カバーを戻して、底面のネジを止めます。
    底にあるネジを外す
  6. NAS を起動します。ちゃんと、本体にある HDDインジケーター が2つ点灯していますね。
    2つのHDD

RAID の設定を変更する

すでに NAS には HDD が1台入っていて、「シングル(RAIDなし)」の状態で稼働しています。この状態から、「RAID 1(ミラーリング)」に変更(移行)してみます。

RAID の設定を変更しても、変更前から NAS で使っていた HDD の中にあるデータは消えません。そのまま引き継がれます。

RAID 移行時に、不具合などでデータが消える可能性も無くはないです。心配な場合は、移行前にバックアップを取っておきましょう。
  1. NAS のトップ画面で「ストレージ&スナップショット」アプリを開きます。
    ストレージ&スナップショット
  2. ディスクHDD)が2個あることを確認。
    2つのディスク
  3. 左側のメニューから「ストレージ/スナップショット」を開きます。
    ストレージ/スナップショット
  4. 上部にある「管理」ボタンをクリック。
    「管理」ボタン
  5. 開いたウィンドウで、「管理」ボタン→「RAID グループを移行と進みます。
    RAID グループを移行
  6. RAID を組むのに使う「HDD(増設したもの)」にチェックを入れます。下部に表示される RAIDタイプ が目的のもの(今回は「RAID 1」)に変更されるか確認したら、右下にある「適用」ボタンをクリック。
    ディスク選択
  7. 確認ダイアログが出ます。「選択したディスク」というのは、新しく増設した HDD(先ほど選んだ「ディスク2」) のことです。新品の HDD でデータは何も入っていないので、「OK」ボタンをクリックします。
    ダイアログ表示
  8. RAID の変更がはじまります。しばらく待ちましょう。
    これには数分かかることがあります。お待ちください…
  9. RAID のために HDD が再構築されます。
    再構築中
  10. かなり時間がかかるので気長に待ちましょう。残り時間は、トップ画面の上部にある「バックグラウンドタスク」から確認できます。
    再構築の進捗(バックグラウンドタスク)
  11. 再構築が終わました。容量にもよりますが、私の場合は4時間半くらいかかりました。
    RAID の変更が完了

これで、RAID を変更する手順は完了です。

まとめ

実際に RAID の変更が終わるまでの待ち時間は長いですが、手順は結構簡単でしたね。

これで、データのバックアップがさらに便利になりました。

私が使用している NAS は QNAPTS-230」です。入門者向けのコスパが高い NAS なので、興味がある方はチェックしてみて下さい。

Western Digital NAS用 HDD 「WD Red Plus」 2TB WD20EFZX
ウエスタンデジタル(Western Digital)
24時間稼働も想定した高耐久の HDD。NAS に適した CMR 記録方式。3年保証。
※ 型番末尾の「-RT」「-EC」は流通網の違いだけで中身は同じです

コメント

タイトルとURLをコピーしました