QNAP NAS: Dropbox のようなフォルダー同期を自宅内で実現する

この記事は約5分で読めます。

リンクステータスの状態

こんにちは、さち です。

先日、QNAP の NAS「TS-230」を購入しました。

今回はこの NAS を使って、Dropbox のように PC と NAS でフォルダー(ファイル)同期を自動でできるようにしてみます。

スポンサーリンク

「NAS」側での作業

下記の操作は、NAS の OS が「QTS 5.0」の状態で行っています。

「Qsync Central」があるか確認する

  1. 画面左上にある「≡(メニュー)」ボタンをクリック。
    「メニュー」ボタン
  2. Qsync Central」アプリがあればOK(通常、NAS の初期設定時に自動インストールされる)。ない場合は、「App Center」アプリから「Qsync Central」をインストールしておきます。
    Qsync Central

「ホームフォルダー」を有効にする

初回だけ必要な操作です。すでに「ホームフォルダー」を有効にしている場合は、こちらの手順は不要です。

  1. NAS にログインして、「コントロールパネル」アプリをクリック。
    コントロールパネル
  2. ユーザー」をクリック。
    ユーザー
  3. ホームフォルダー」ボタンをクリック。
    「ホームフォルダー」ボタン
  4. すべてのユーザーのホームフォルダーを有効にする」にチェックして、「適用」ボタンをクリック。
    すべてのユーザーのホームフォルダーを有効にする
  5. File Station」アプリをクリック。
  6. Qsync」の表示があればOK。
    「homes」フォルダー

「Qsync Client」をダウンロードする

  1. 画面左上にある「メニュー」ボタンをクリック。
    「メニュー」ボタン
  2. Qsync Central」アプリをクリック。
    Qsync Central
  3. 画面上部のボタンが「有効」になっていて、「準備完了」と表示されています。Qsync が使える状態になっている証拠です。
    起動画面
  4. 画面下部にある「Qsyncの使用を開始する」をクリック。
    Qsyncの使用を開始する
  5. Qsync を使用する PCの種類 をクリック。今回は「Windows」です。
    Qsync Client のダウンロード
  6. Qsync Client」のインストーラーをダウンロードできました。
    インストーラー

「PC」側での作業

「Qsync Client」をインストールする

  1. 先ほどダウンロードした「Qsync Client」のインストーラーを起動します。(「ユーザーアカウント制御」が表示されたら「はい」をクリック)
    インストーラー
  2. (基本的にデフォルトのまま)操作を進めて、インストールを完了させます。
    起動画面

「Qsync Client」を初期設定する

「Qsync Client」を起動して初期設定をしていきます。

  1. リージョン(地域)を「グローバル」にして、「適用」ボタンをクリック。
    リージョン選択
  2. 「クイックスタート」が表示されます。開始前の説明が必要なければ、「スキップ」ボタンをクリック。
    「スキップ」ボタン
  3. スマート削除は、新しい容量節約モードで無効化されていることを理解しました。」にチェックを入れて、「OK」ボタンをクリック。
    スマート削除は、新しい容量節約モードで無効化されていることを理解しました。
  4. NAS の接続設定をしていきます。今回は「NASを検索する」は「LANで」を選びます。(Windowsファイアウォール の「セキュリティの重要な警告」が表示されたら、「アクセスを許可する」をクリック)
    NASの接続画面
  5. 接続する NAS をクリックして選び、「選択」ボタンをクリック。(表示されない場合は、「キャンセル」ボタンで戻って、IPアドレス を手入力するか QID で検索する)
    NASを選択
  6. NAS の IPアドレス が入力されました。さらに、NAS にログインする時の「ユーザー名」と「パスワード」などの情報を入力して、「適用」ボタンをクリック。
    NASの接続画面
  7. 同期するフォルダーを設定します。「NAS 上のフォルダー」は基本的にそのままでOK。「ペアリングされたローカルフォルダー(PC 上のフォルダー)」を変更するために、右端にある「編集」ボタンをクリック。
    同期フォルダーの選択画面
  8. 「ペアリングされたローカルフォルダー」の右端にある「フォルダー」ボタンをクリックして、同期するフォルダーを選びます。
    同期フォルダーを変更
  9. PC 上で同期するフォルダーを変更できました。
    同期フォルダー
  10. 適用」ボタンをクリックして戻ります。
    「適用」ボタン
  11. さらに、「終了」ボタンをクリック。
    「終了」ボタン
  12. これで NAS と PC の接続は完了。フォルダーの同期が開始されました。
    リンクステータスの状態
  13. 同期しているフォルダーは、Windows(エクスプローラー) 上ではこんな感じの表示になります。
    Qsyncの同期フォルダー

まとめ

これで、Dropbox のように NAS と PC のフォルダーを同期できるようになりました。

ただ、本格的に使うには、同期方法の選択などもう少しだけ設定が必要です。これらの内容は、後日別の記事で改めて書く予定です。

【追記】 同期方法について記事を描きました。よろしければ併せて読んでみて下さい。

QNAP NAS: Qsync のフォルダー同期モードを設定する

ちなみに、今回使用している NAS はこちらです。お手頃価格でコスパが良い機種なので NAS の入門機としておすすめです。

Western Digital NAS用 HDD 「WD Red Plus」 2TB WD20EFZX
ウエスタンデジタル(Western Digital)
24時間稼働も想定した高耐久の HDD。NAS に適した CMR 記録方式。3年保証。
※ 型番末尾の「-RT」「-EC」は流通網の違いだけで中身は同じです

コメント

タイトルとURLをコピーしました