QNAP NAS: Qsync のフォルダー同期モードを設定する

この記事は約5分で読めます。

イメージ

こんにちは、さち です。

先日、QNAP の NAS(ネットワークHDD)「TS-230」 を使って、Dropbox のように「PC」と「NAS」でフォルダー(ファイル)同期が自動でできるように設定しました。

QNAP NAS: Dropbox のようなフォルダー同期を自宅内で実現する

とりあえず同期はできるようになりましたが、「PC」上でファイルを削除しても「NAS」上のファイルは残すなど、同期モードをもう少し細かく設定していきます。

スポンサーリンク

同期モードを選ぶ

「標準」と「容量節約モード」

容量節約モードのオン/オフ

QNAP の NAS には、大きく分けて「標準」と「容量節約モード」2種類の同期モードがあります。

標準

「NAS」と「PC」それぞれに同じファイルを保存しておく同期モードです。

分かりやすい方法なので、一般的にファイル同期と言えばこれを思い浮かべる人が多いと思います。

『難しくてよく分からない』『とりあえず使いたい』という人は、基本的にこちらを使えば良いです。

容量節約モード

「NAS」にファイルを保存しておき、「PC」にはファイルのリンクだけ(ショートカットのようなもの)を置いておく同期モードです。

「PC」上にあるファイルのリンクは通常のファイルのように開くことができ、実際に使うときに「NAS」から実物のファイルをダウンロードする仕組みになっています。

つまり、ファイルの実物は「NAS」にだけ保存して、「PC」の容量を節約するわけです。

同期モードを設定する

  1. PC で「Qsync Client」を起動します。
    Qsync Client アプリ
  2. Qsync Client が表示されました。
    リンクステータスの状態
  3. 下部にある「ペアになっているフォルダーを表示し、管理する」をクリック。
    ペアになっているフォルダーを表示し、管理する
  4. 同期モードを変更したいフォルダーの右端にある「編集」ボタンをクリック。
    「編集」アイコン
  5. 「容量節約モード」の有効/無効を選びます。(無効にすると「標準」の同期モードになる)
    容量節約モードのオン/オフ

「標準」「容量節約モード」どちらを選んだ場合でも、次の同期設定をしていきましょう。

「標準」のファイル同期設定

NAS には残る「スマート削除」

スマート削除のオン/オフ

通常は、「PC」上にあるファイルを削除すると、同期機能によって「NAS」上にある同じファイルも削除(NAS のゴミ箱に移動)されます。

「スマート削除」を有効にすると、「PC」上にあるファイルを削除しても、「NAS」上のファイルは削除されずに残ります。

この機能は、次のような使い方ができます。

  • PC 上のファイルを削除してしまった時のバックアップ
  • NAS にだけファイルを残しておいて PC の容量を節約

「スマート削除」を設定する

  1. Qsync Client の右上にある「NAS設定(スライダー)」アイコンをクリック。
    「NAS 設定」アイコン
  2. 「スマート削除」のオン/オフを選びます。
    スマート削除のオン/オフ
「スマート削除」は、同期モードを「標準」にした時だけ使えます(「容量節約モード」では無効です)

「容量節約モード」のファイル同期設定

「PC」上のファイル同期

ローカルファイル同期設定

容量節約モードでは、「PC」上のファイルの扱い方を「オンラインのみ」と「ローカルで利用可能」の2種類から選べます。

オンラインのみ

「NAS」上に新しく保存されたファイルは、「PC」上ではファイルのリンクとして表示されます。

「PC」上で開いたファイルは「NAS」からダウンロードされて使用後もそのまま残りますが、指定した日数の間使っていないと、再びリンクに戻って「PC」の容量が空けられます。

ローカルで利用可能

「NAS」上に新しく保存されたファイルは、「PC」上にもダウンロードして表示されます。

ただし、指定した日数の間ファイルを使わないと、リンクに変更されて「PC」の容量が空けられます。

ファイル同期を設定する

  1. 下部にある「ペアになっているフォルダーを表示し、管理する」をクリック。
    ペアになっているフォルダーを表示し、管理する
  2. ファイル同期設定を変更したいフォルダーの右端にある「編集」ボタンをクリック。
    「編集」アイコン
  3. 「容量節約モード」にあるプルダウンメニューから「オンラインのみ」「ローカルで利用可能」を選びます。
    ローカルファイル同期設定

リンク化までの日数を設定する

ファイルをリンク化する期間を指定します。

指定した期間の間使っていない(開いていない) PC 上のファイルはリンクに変更されます。

  1. + I キーを押して Windows の「設定」を開きます(画面左下の「Windows(スタート)」ボタンを右クリック→「設定」でもOK)。「システム」をクリックしましょう。
    Windows 設定 システム
  2. 左側にある「記憶域」をクリック。
    記憶域
  3. ストレージ センサーを構成するか、今すぐ実行する」をクリック。
    ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行する
  4. QNAP Qsync Client」にあるプルダウンメニューで、PC 上のファイルをリンク化する期間を「1日」「14日」「30日」「60日」から選びます。
    Qsync のストレージセンサー設定

まとめ

これで、「NAS」と「PC」のファイルの同期モードを設定できました。

しかし、実際に使っていくには、ファイルの更新履歴の管理・削除したファイルの復元など、操作方法を理解する必要があります。

これらの内容については、後日別の記事で改めて書く予定です。よろしければ、そちらも併せて読んで下さい。

ちなみに、今回使用している NAS はこちらです。お手頃価格でコスパが良い機種なので NAS の入門機としておすすめです。

Western Digital NAS用 HDD 「WD Red Plus」 2TB WD20EFZX
ウエスタンデジタル(Western Digital)
24時間稼働も想定した高耐久の HDD。NAS に適した CMR 記録方式。3年保証。
※ 型番末尾の「-RT」「-EC」は流通網の違いだけで中身は同じです

コメント

タイトルとURLをコピーしました