「povo2.0」は「楽天モバイル」の驚異になるのか?

この記事は約6分で読めます。

 

ゼロから始めるオールトッピング

こんにちは、さち です。

今回は、先ほど発表された「povo」の新しい料金プラン「povo2.0」について見ていきます。

この料金プランによって「楽天モバイル」の立場が危うくなるのではないかという意見も出ていますが、どうなのでしょうか?

私も「楽天モバイル」を使っているので気になります。

スポンサーリンク

povo2.0 の概要

「基本料0円」なのか?

ゼロから始めるオールトッピング

「povo」の公式サイトや各ニュースサイトで「基本料ゼロ」という記述あり、1GB まで0円でユーザー数を急拡大している「楽天モバイル」の立場が脅かされるという意見が出ていました。

しかし、そうではありません。下の画像は、「povo2.0」の公式サイトに書かれている注意書きです。

povo2.0 の注意書き

「povo」では「トッピング」というシステムがあり、自分に合ったオプションを選んで使う仕組みになっています。

この「トッピング」の購入などが180日間ないと利用停止になるという記述があるため、基本料0円のまま使い続けることはできない可能性が高いです。

また、トッピングによるデータ追加がない場合、通信速度は 128kbps に制限されます。「povo1.0」は速度制限時でも 1Mbps だったので、以前より制限が厳しく不便を強いられます。

「有料トッピングの購入"など"」とあるので他の操作も含まれる可能性も捨てきれませんが、速度制限も考慮すると「基本料ゼロ」でも利用には有料トッピングの購入が必要であるようです。

180日毎に一番安いトッピングを購入するという方法もありますが、そんなことをするなら「楽天モバイル」で 1GB 以内に抑えて使う方が楽だし実用的です。

「トッピング」のメニュー

「povo2.0」では下記のようなトッピングが用意されています。

データトッピング
1日使い放題 330円/1日間
1GB/7日間 390円/7日間
3GB/30日間 990円/30日間
20GB/30日間 2,700円/30日間
60GB/90日間(=20GB/30日間) 6,490円/90日間(=2163.3円/30日間)
150GB/180日間(=25GB/30日間) 12,980円/180日間(=2163.3円/30日間)
通話トッピング
5分以内通話かけ放題 550円/月
通話かけ放題 1,650円/月
コンテンツトッピング
DAZN使い放題パック 760円/7日間
smash.使い放題パック 220円/1日間

トッピングによって有効期間がバラバラなので、地味に分かりにくいです。

1GB 390円 のトッピングもありますが、使えるのは7日間だけです。

普通にスマホを使うには最低でも 3GB 990円/30日間 をトッピングする必要があります。このトッピングは料金的に LINEMO の「ミニプラン(3GB)」と変わらず、目新しさはありません。

また、地味に問題になりそうなのが「データトッピング」の区切りが日数単位であるのに対して、「通話トッピング」の区切りが月単位であることです。

この仕様によって「通話トッピング」と「データトッピング」の締め日がズレてしまいます。

もし将来、解約が必要になったら、どちらの締日に合わせて解約すれば良いのか悩むことになります。携帯電話会社の多くが解約時は日割り計算をしてくれないので、おそらく povo も例外ではないでしょう。

「povo2.0」と「楽天モバイル」を比べる

月額料金

povo と 楽天モバイル の料金比較グラフ

「楽天モバイル」の料金

既定のギガ数を超えると月額料金が上がっていくステップ式のワンプランです。

1GB までは0円。1~3GB は1,078円。3~20GB は2,178円。20GB超 は3,178円です。

「povo2.0」の料金

どのトッピングを選ぶかで月額料金が変わりますが、普通に使うなら最低 3GB 990円/30日 からです。

3GB超 を最安にするには 150GB 12,980円/180日 を使うことになり、これを月額に換算すると2,163円/30日になります。

150GB を均等に分けると 25GB/30日 になるので、月額2,163円で 25GB まで使える計算です。

ただし、25GB以上 使うと月額換算の料金はジワジワ上がっていきます。楽天モバイルと同額になるのは 約36.7GB です。

どちらが安く使えるか

povo と 楽天モバイル の料金比較グラフ

1GB までは、0円で使える「楽天モバイル」の方が安いです。

しかし、1~36.7GB になると「povo2.0」の方が安くなります。

ただし、「楽天モバイル」には追加料金なしで「通話かけ放題」が付いているので、少し電話をかけるだけで 1~20GB のわずかな差額は埋まります。

そのため、「povo2.0」の方が安くなるのは、1~20GB を使いつつ電話は「LINE通話」しか使わない人、または 20~36.7GB の間で適度に使いつつ通話はほどほどな人です。

ちなみに、「povo2.0」にも通話トッピングがありますが、「5分以内かけ放題」が550円/月、「通話かけ放題」が1,650円/月です。

ギガ活で「povo2.0」が安くなる?

「povo2.0」には「ギガ活」というものがあり、日常生活でポイントをためる「ポイ活」のように日常生活でデータ容量をためることができます。

公式発表されている内容では、対象店舗で特定の金額以上「au PAY」で買い物をするとデータ容量を「もらう」ことができます。

また、街中やバーチャル空間でギガを「さがす」ことや、店舗やオンラインサービスの抽選でデータ容量が「あたる」ことでも、ギガを追加できます。

ただし、これらの方法で獲得できるデータ容量にもトッピングと同じように有効期間があり、「300MB/3日間」「1GB/7日間」「3GB/30日間」となっています。

トッピングがない状態でもギガ活ができるのか、ギガ活によるデータ容量の追加でも速度制限が解除されるのかは不明です。可能であるなら、「基本料ゼロ」が見せかけではなくなるかもしれません。

まとめ

調べてみたところ、「povo2.0」によって「楽天モバイル」が追い詰められることはなさそうです。

やはり、「楽天モバイル」がやっている無料での「通話かけ放題」は地味に強いです。他社でやっているところはないですからね。

通信速度は間違いなく「povo」の方が速いので、速度を重視する人は選択肢になりますが、その場合「ahamo」「LINEMO」「Y!mobile」「UQ mobile」も候補として上がるので、トッピングが複雑になった「povo」は避けられるかもしれません。

個人的な感想としては、今回の「povo2.0」で良かったのは 3GB 990円 ができたことだけですね。ただ、それも LINEMO と同じプランを作っただけで、後追いしたに過ぎないですが……。

90日間・180日間のトッピングも、使い方によっては3ヶ月・6ヶ月縛りになってしまうので、あまり使いやすくありません。

トッピングというシステム自体をやめて、「LINEMO」みたいに 3GB と 20GB のプランに分けるだけで良かった気がしますね。

スマホの運用コストを0円にしたい人は、通信速度は少し遅いですが「楽天モバイル」にした方が楽だし実用的だと思います。

公式サイト

→ 楽天モバイルの公式サイトへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました