【QNAP】 NAS のユーザー「admin」無効化でセキュリティを強化

この記事は約3分で読めます。

ログイン失敗

こんにちは、さち です。

今回は、自宅で使用している NASQNAP「TS-230」 のセキュリティを高めるため、デフォルトのログインユーザー「admin」を無効にしていきます。

スポンサーリンク

【ステップ1】 新しいアカウントを作成する

無効にする「admin」の代わりに使う管理者権限(administrator)ユーザーを新しく作っていきます。

  1. ユーザー「admin」で NAS にログインして、トップ画面にある「コントロールパネル」をクリック。
    コントロールパネル
  2. ユーザー」をクリック。
    ユーザー
  3. 「作成」ボタン →「ユーザの作成と進みます。
    ユーザの作成
  4. ユーザー名」「パスワード」を決めて入力。今回、ユーザー名は「sample」にします。
    ユーザー名とパスワードの設定
  5. ユーザグループ「編集」ボタンをクリック。
    ユーザグループ
  6. administrators」にチェックを入れて、「閉じる」ボタンをクリック。
    ユーザグループの設定
  7. 共有されたフォルダー権限「編集」ボタンをクリック。
    共有されたフォルダー権限
  8. RW(読み取り/書き込み)」にチェックを入れて、「閉じる」ボタンをクリック。
    共有されたフォルダー権限の設定
  9. アプリケーション権限の編集が「すべてのアプリケーションに無制限のアクセス」になっていることを確認。(なっていない場合は「編集」ボタンから設定)
    アプリケーション権限の編集
  10. 「作成」ボタンをクリック。
    作成
  11. 新しいユーザー「sample」が作成されました。
    ユーザーの一覧

【ステップ2】 新しいユーザーでログインし直す

新しく作ったユーザーでログインし直します。

  1. 現在ログイン中のユーザー「admin」をログアウトします。
    ログアウト
  2. 新しく作ったユーザー「sample」でログインします。
    ログイン

【ステップ3】 ユーザー「admin」を無効にする

今後は新しいユーザー「sample」を使うので、「admin」を無効にしていきます。

  1. コントロールパネル」をクリック。
    コントロールパネル
  2. ユーザー「admin」の「アカウントプロファイルの編集」ボタンをクリック。
    プロファイルの編集
  3. このアカウントを無効にする」にチェックを入れて、期限は「」を選択します。(「有効期限日」は日付指定で後日無効にする時に使うっぽい)
    このアカウントを無効にする
  4. 「OK」ボタンをクリック。
    OK
  5. ユーザー「admin」のステータスが「無効」になりました。
    ユーザーの一覧
  6. これでユーザー「admin」はログインできない状態になりました。今後は新しく作ったユーザー「sample」でログインしていきます。
    ログイン失敗

 

Western Digital WD Red NAS HDD 2TB WD20EFAX
ウエスタンデジタル(Western Digital)
24時間稼働も想定した高耐久の NAS用 HDD。3年保証。
※ 型番末尾の「-RT」「-EC」は流通網の違いだけで中身は同じです

コメント

タイトルとURLをコピーしました