【Gmail】 メールアプリ(Thunderbird)で受信できないので対処する

この記事は約4分で読めます。

Gmail ロゴ

こんにちは、さち です。

先日、PC で「Thunderbird」を起動して Gmail のチェックしようとしたら、エラーが出てしまいログイン失敗してしまいました。

どうして……?

スポンサーリンク

Gmail を受信できない

実際に Gmail を受信しようとした時に表示されたエラーがこちら。

  1. Thunderbird を起動しても、「Gmail」のパスワードが上手く処理されません。
    エラーダイアログ
  2. Gmail にログインできない状態です。もちろん、メールの受信はできません。
    エラーダイアログ

エラーのメッセージを書き出してみるとこんな感じ。

xxxxx@gmail.com アカウントエラー

ユーザー xxxxx@gmail.com のパスワードを送信できませんでした。メールサーバー pop.google.com からの応答: Username and password not accepted.

アカウント "xxxxx@gmail.com" へのログインに失敗しました。

ユーザー名 xxxxx@gmail.com でサーバー pop.googlemail.com へのログインに失敗しました。

このようなエラーが出る原因は色々とありますが、2022年6月時点では、多くの場合が Gmail の仕様変更によるものです。

次のような解決方法を試してみて下さい。

解決方法

以下の手順「1」〜「3」を行うことで、再び Gmail を受信できるようになります。

【手順1】 Cookie を許可する

  1. Thunderbird の「(メニュー)」をクリック。
    Thunderbird の操作画面
  2. 設定」をクリック。
    Thunderbird の操作画面
  3. 左側にある「プライバシーとセキュリティー」をクリック。
    Thunderbird の設定画面
  4. ウェブコンテンツの項目にある「サイトから送られてきた Cookie を保存する」をオンにします。
    Thunderbird の設定画面

これで Thunderbird 本体の設定は完了です。

続いて次項の「手順2」へ進み、アカウント設定を行ってきます。

【手順2】 認証方式を「OAuth2」にする

まずは、「アカウント設定」を開いていきます。

  1. Thunderbird の「(メニュー)」をクリック。
    Thunderbird の操作画面
  2. アカウント設定」をクリック。
    アカウント設定

「アカウント設定」のウィンドウが開いたら、以下の手順を行っていきます。

「受信」の設定

  1. 左側のメニューから、Gmailアドレス の「サーバー設定」をクリック。
    Thunderbird のアカウント設定画面
  2. セキュリティ設定の項目にある認証方式を「OAuth2」に変更します。
    Thunderbird のアカウント設定画面

「送信」の設定

  1. 続いて、左側のメニューから「Gmailアドレス」をクリック。
    Thunderbird のアカウント設定画面
  2. SMTP サーバーを編集」をクリック。
    Thunderbird のアカウント設定画面
  3. 認証方式を「OAuth2」に変更して、「OK」をクリックします。
    Thunderbird のアカウント設定画面

アカウント設定の操作はこれで完了です。

さらに次項の「手順3」に進み、Gmail の連携をします。次が最後なので頑張りましょう。

【手順3】 Gmail と連携する

  1. 再び Thunderbird で Gmail を受信しようとすると、Google のログイン画面が表示されます。メールアドレスが自動入力されているので、「次へ」をクリック。
    Google のログイン画面
  2. パスワードを入力して、「ログイン」をクリック。
    Google のログイン画面
  3. Thunderbird が Gmail にアクセスできるように、「許可」をクリックします。
    Google のログイン画面
  4. これで再び Thunderbird で Gmail を受信できるようになりました。
    Thunderbird の操作画面

Gmail が従来の「パスワード」方式のログインを廃止して、「OAuth2」方式だけに切り替えたのは2022年5月30日。事前アナウンスがあったのにすっかり忘れていました。

上図のとおり、6月6日までは「パスワード」方式のままでも受信できていたので、廃止日から1週間の猶予があったようです。

2段階認証(アプリパスワード)を使う場合

アプリパスワードが表示

Gmail(Googleアカウント)で2段階認証を有効にしている場合は、Thunderbird での受信に「アプリパスワード」を使っていたと思います。

その場合、前述の「OAuth2」方式を使わなくても、引き続き「アプリパスワード」を使って「パスワード」方式でのログインができます

逆に言えば、「OAuth2」未対応のメールアプリで今後も Gmail を使いたいなら、2段階認証を有効にして「アプリパスワード」を使えば何とかなるわけです。

「OAuth2」方式に移行する場合、「アプリパスワード」は不要になります。使っていない「アプリパスワード」を放置するのはセキュリティ的に良くないので、削除しておきましょう。

「アプリパスワード」の削除は、作成したページと同じ場所で行えます。手順はこちらの記事を参考にして下さい。

Gmail: 2段階認証にしてPCでメール受信できなくなった時の対処法

コメント

  1. 匿名 より:

    ありがとうございます。助かりました。
    他のサイトでは自動的に対応するとか書いてて、
    いやー受信できなくなったけどなぁ・・・
    と困っていましたが、無事受信できました。

  2. とも より:

    貴重な情報ありがとうございます!
    SMTP(送信)設定の認証方式もOAuth2にすることで送信可能になりました。
    ありがとうございます。

    • 教えて下さりありがとうございます。受信エラーの方ばかりに気を取られていて、送信のことはすっかり忘れていました。

      手順に送信の設定も追加しておきました。

タイトルとURLをコピーしました