スポンサーリンク

ツイッター:アカウントが「シャドウBAN」されていないか調べる

この記事は約5分で読めます。

ツイッターのロゴ

こんにちは、さち です。

最近、ツイッターでは規制が強化されています。

規制というとアカウントの「凍結」が思い浮かびますが、今は凍結まではいかないペナルティ「シャドウBAN」も存在しています。

もしかして、知らない間に自分のアカウントも シャドウBAN を受けてるなんてことはないよね? 悪いことはしてないつもりだけど、何が原因になるか分からないしちょっと心配……。

調べてみます。

スポンサーリンク

シャドウBAN(シャドウバン)って何?

シャドウBAN とは、ざっくり言うと運営(ツイッター社)によって行われる「ミュート」です。シャドウBAN されたアカウントの見え方は、すべてのツイッターユーザーに適用されます。

例えば、Aさん が シャドウBAN された場合、Bさん が Aさん のことをミュートやブロックしていなくても、Bさん からは Aさん が見えなくなります。

アカウント凍結(BAN)まではいかないけれど、他人からは見えなくなる。ある意味 BAN に近い状態。それが、シャドウBAN です。

シャドウBANされているか調べる方法

サイト「Twitter Shadowban Test」を使うことで、ツイッターアカウントが シャドウBAN されていないか調べることができます。

Twitter Shadowban Test
Are you shadowbanned on Twitter?

では、実際に使ってみます。

  1. Twitter Shadowban Test を開くとこんな感じ。
    Twitter:アカウントがシャドウBanされているか確認する
  2. 調べたいアカウント名を入力して、「CHECK」ボタンを押します。(ツイッターとの連携は不要で、自分以外のアカウントでも調査可能)
    Twitter:アカウントがシャドウBanされているか確認する
  3. すると、結果が表示されます。私のアカウントは シャドウBAN されていないようです。よかった。
    Twitter:アカウントがシャドウBanされているか確認する

結果の意味は
「Found @xxxx」は、そのアカウントが存在するか?
「Search Suggestion(サーチサジェッション) Ban」は、「不適切コンテンツ扱い」。
「Search(サーチ) Ban」は、「検索結果から除外」。
「Thread(スレッド) Ban」は、「スレッド(リプライ)から除外」です。

Twitter:アカウントがシャドウBanされているか確認する

ちなみに、シャドウBAN されているアカウントの場合はこんな感じになります。スレッドBAN の確認はできないことがあるようですが、「No Thread Ban」という表示でない時は スレッドBAN されている可能性が高いと思います。

Twitter:アカウントがシャドウBanされているか確認する

シャドウBANの種類と見える範囲

Twitter Shadowban Test の結果から分かるように、シャドウBAN には種類があります。そして、シャドウBAN の種類によって、そのツイートを見られるユーザーの範囲が違います。

Search Suggestion Ban(サーチサジェッションBAN)

シャドウBAN の中では一番軽いものです。

これを適用されたアカウントは、ツイートが「不適切(センシティブ)コンテンツ扱い」のようになります。そのため、「設定」の「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」がオンになっていないユーザーからは見えなくなります。

成人向けコンテンツを投稿しているアカウントはこの シャドウBAN を受けやすいようです。

ペナルティというより「ゾーニング」に近いものなので、これが適用されてもあまり気にしなくて良いんじゃないかと思います。

「設定」の「ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する」をオンにすると、同じ状況になるので、この BAN が解除されるかもしれません。

この BAN でも見られるユーザー
「設定」の「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」がオンになっているユーザー

Search Ban(サーチBAN)

これを適用されたアカウントは、「検索」の結果にツイートが表示されなくなります。

例えば、この BAN を受けた Aさん のツイートは、Bさん の検索結果に表示されません。Bさん が Aさん をフォローをしていてもダメです。ただし、表示されないのは検索結果だけなので、Bさん の「ホーム」には、Aさん のツイートが流れます。

スパム行為をしているとこの シャドウBAN を受けやすいようです。

この BAN でも見られるユーザー
(検索結果で見られるのは)BAN を受けた本人のみ。ただし、フォロワーのホームには通常どおりツイートが流れる。

Thread Ban(スレッドBAN)

これを適用されたアカウントは、「リプライ」が表示されなくなります。

例えば、この BAN を受けた Aさん が Bさん のツイートにリプライを送った場合、第三者が Bさん のツイートを開いても、ぶら下がっているリプライの中に Aさん はいません。

ちなみに、Cさん が Aさんの フォロワーであっても、上記の状況で Aさん の「リプライ」は表示されません。Aさん からの Cさん 宛てのリプライは届きますが、この場合も、リプライツリー(スレッド)を開くと Aさん のリプライは表示されません。

検証はできていませんが、おそらく、この BAN を適用されたアカウントは、フォロワーでないユーザーにリプライを送っても相手に届きません。そうでないと、リプライを使った迷惑行為が防げないですし。

この BAN でも見られるユーザー
BAN を受けたアカウントをフォローしているユーザー(自身に届いたリプライのみ)

シャドウBAN の適用は段階的

上記3つの シャドウBAN はそれぞれ別の機能を持っているので、どれが適用されるかは問題行動の内容によって決まるのかと思いきや、そうではないようです。

Search Suggestion Ban は、これだけが単独で適用されることがありますが、それ以外の シャドウBAN は、ほとんどの場合他のものと一緒に適用されます。

Search Ban は、Search Suggestion Ban が一緒に適用。さらに Thread Ban は、Search Ban も Search Suggestion Ban も一緒というフルコース適用です。

ペナルティは、Search Suggestion Ban → Search Ban → Thread Ban の順に重くなると考えてよさそうです。

いずれの シャドウBAN も、アカウントページや直接ツイートを開いた場合は、ツイートが表示されます。

シャドウBAN の解除

シャドウBAN は永遠に続くわけではなく、時間が経つと解除されるようです。

ただし、規制対象となるツイートを繰り返していると、当然解除されません。Search Suggestion Ban 以外は、その シャドウBAN 状態が続くとアカウント凍結になる可能性もあります(特に Thread Ban)。

ツイッターはマナーを守って使いましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました